新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文科省若手支援策の目玉の1つ。拙ピッカーの大学でも独自の支援を行なっているが、基本的にすべての大学院生博士課程の学生に経済支援が行き渡ることが望ましい。一方で、その支援に見合う働き方も求められることになる。

記事には、若手官僚のグループが立ち上がったとのことなので、その動きに注目したい。
これは素晴らしいですね。

教育に投資できない国に未来はない。特に高度研究に対しては人的支援が必須だろう。

さらに研究費も増額して欲しいところです。

無論、教育費全体の中での優先順位やそれに対する疑念を持つ人もいるだろうけど、結局そんな議論をし始めたら収拾がつかない。

各領域を区切り(幼保小中高大)やれることからやることが大切。
お金も重要ですが、研究者の雇用の方も充実させるべきです。

国内で減っている一方で、海外流出が増えているのはまた別の問題です。
ただ人数を増やすだけでは意味がなく、質の高い人材を国内で確保する事が重要です。
それは、学生側だけではなく、教える側も。
とてもよい取り組みだと思います。しかし,コメントでも盛んに言われているように課程修了後の就職先などの懸念が消えないのも事実でしょう。
私個人の意見ですが,日本で博士号取得者の地位が向上しない要因としては,課程修了時に期待される高度人材に達していない人材が多いことがあげられると思います。そのため,博士課程学生という母数を増やすことの効果は限定的なものになるだろうと考えてしまいます。
私自身昨年度に博士号をいただきましたが,博士課程学生がどれだけ課程中に成長できるかは,指導教員の質に大部分が左右されると感じます。そのため,教育投資が学生だけでなく教員の教育にも向けられると,今回のような学生に対する経済支援の効果がより大きくなると思います。
「月20万円の支給を受けられる「日本学術振興会」の奨励金の獲得を目指しましたが、5人に1人の狭き門で、選考を通る水準の研究成果や計画は出せませんでした。」

学生への「支援」という見方と、研究という労働に対する対価という見方で月20万円が高いか低いか議論は分かれると思いますが、この「月20万円」が金字塔になってしまっている弊害は感じます。

また、研究予算は一般的に博士への人件費は想定されていない額です。その点も最初から博士雇用費を入れられる規模感に変更するなど変革が必要があると感じています。
博士課程学生の一部とはいえ、大きな前進です。
自然科学分野での論文数の落ち込みは各国と比較しても顕著です。高等教育機関だけの問題ではなく、産業界や社会との連携の在り方まで含めた見直しが必要です。
文系も含めて博士人材が活躍する場が限られていますが、学びを評価しない社会に未来はありません。
「生活が困窮して、研究を諦める」・・・これって、日本は先進国なのか?と思ってしまいます。資源の乏しい日本では、教育の重要性がわかっているはずなのに最近は疎かになっているように感じます。まずは優秀な人材が育つ土壌を整備することが、喫緊の課題のように思います。
これは素晴らしいですね。高度人材への投資は非常に重要だと考えます。
日本は特に博士を目指すことについてデメリットが語られがちです。
十分な支援とはいえないかもしれませんが、第一歩ですね。
これで、少しでもドクター取得者の社会的地位が日本でも向上すればと思います。ちょっと日本では扱いが低すぎる気がします。
横断で考えるところもあったほうがいいんじゃないかなあ。
嶋正利さんはインテルマイクロプロセッサの生みの親だけど元々は計算機作ろうとしてたわけで。