新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
水素については運搬や水素ステーションなどのインフラが必要なことと再生可能エネルギーによる電気分解のために風力や太陽光発電も必要となる。色々とハードルはありますが水素の分野でこういったインフラ投資が行われることにより市場を作り上げ雇用の創出が期待できますね。LNGの業界で日本の企業が世界で存在感を示している様に水素の世界でも日本の技術力を発揮してもらいたいしそれこそがグリーンイノベーション、グリーンリカバリーだと思います。
水素は、太陽光や洋上風力発電といった不安定なく自然エネルギーの電力を一旦変換して貯める媒体です。軽くて運びやすく、自然放電もしない水素はメリットもありますが、車や火力発電の燃料としてまた電気に戻す、単純に考えれば二度手間だと思いますし、変換時のエネルギーロスも大きいです。

直感的には巨大なタービンを作ったり、風車を作ったりせずにやはり、ほっておいても勝手に大量のエネルギーを生産している太陽のエネルギーの一部を受け取って貯めることが一番理に適っていて、水素は効率を最大化してコストが最適化した蓄電装置の開発までの繋ぎな可能性はあると思います。日本からも多くの蓄電池の開発が進んでいますので、いち早くブレイクスルーが起きることを楽しみにしています。
大量のレアメタル確保が困難な状況を考えると,やはり日本の脱炭素戦略の本命は水素という流れは加速している.ここからはアプリケーションの裾野を広げるためにも、大手メーカーのみならず、スタートアップも参戦できる環境を促進すべき。
トヨタのMIRAIも含めて水素は日本が進んでいる数少ないエネルギー分野なのではないでしょうか。

中国も水素には注目していて、特に地方政府が水素トラックなどの事業にお金を出しています。トヨタも中国企業と合弁で水素トラックの開発をやろうとしています。

(中国ではなく)日本政府がもっと積極的に応援してあげてほしいです。
ご参考
https://newspicks.com/news/5473576/

脱炭素を目的に水素に賭けるのはあまりいい筋では無いですね。

特定の地域に絞る方がいい様な。
水素を中心に据えたいのはもう痛いほどわかったので、そろそろ代替燃料(液化水素、アンモニア、メタネーションなど)の主要プレイヤーと現在コスト、長所短所など図解でまとめてくれないかな。

NP編集部の皆さん、よろしくお願いします!笑
場所ごとの利用水素密度も考えたい。
脱炭素社会の実現に向けたアクションプラン。
週明けから議論が進められ、今月末に実行計画として取りまとめられる予定だそうです。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア