新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
12月15日の日経報道(①)の「国内調達比率60%とそれへの基金」の文脈だろう。一方、そこでもコメントした(以下そこのほぼ再掲)が、目指している8-9円/kWhという水準はいまよりかなり低い。そして今の日本プレイヤーの現状考えると、どれだけ現実的なのだろう、と思う。

②の2018年9月のエネ庁の資料に世界と日本の陸上・洋上(と太陽光)のコスト推移がスライド3-4、また、今後の価格目標がスライド5に出ている。2017年上期時点で、世界は洋上で13.6円(2013年上期は23.4円だったところからの下落)、陸上で7.4円(ここはおおむね横ばい推移)、国内は陸上で20円。また2030年目標で8-9円となっているので、昔から?
関連するところでは10月のレノバの秋田沖洋上風力について(③)、経産省が会議で示した価格上限は29円だった。本記事に国内調達比率への言及もあるが、風力発電機自体は製造業。ただMHIはVestasと共同出資していた製造販売企業について解消して販売注力(④)に路線転換。物量を作ることの経験効果と大量生産でコストは下がるなかで、グローバルに規模が小さい日本専用モデルを作る意味もあまりないように思う。国内産業への恩恵はもちろんあったほうがいいが、太陽光発電と同じで、資本競争にとっくに入った状態で国内プレイヤーが世界競争力で生き残り戦から脱落したような状態で掲げても、実効性があまりないように感じる。エネルギー政策と国内産業のバランシングで難しいかじ取りなのは分かるが、どっちつかずになっている印象…
部品レベルだと、ナブテスコなど強い企業もあるが、それらを集めても60%とか行くのだろうか?

https://newspicks.com/news/5464812
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/saisei_kano/pdf/008_02_00.pdf
https://newspicks.com/news/5289522
https://newspicks.com/news/5386124
水素に関しては、やはり政府との議論が必須になってくると思います。しかし、日本の状況を考えて水素がクリーンエネルギーの本命になっていかなくてはならないというのもあると思うので、積極的な投資を期待したい。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.94 兆円

業績