[17日 ロイター] - 共同石油統計イニシアチブ(JODI)が17日公表した統計によると、10月のサウジアラビアの原油輸出量は日量616万バレルと、4カ月連続で増加した。前月は607万バレルだった。

原油と石油製品の輸出合計は前月比28万1000バレル増の738万バレル。

国内の石油精製量は2%増の240万バレル。発電への使用(原油生だき)は22万4000バレル減の39万1000バレルだった。

原油生産量は897万バレルと、2カ月連続で減少した。

*写真キャプションを手直ししました。