新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外食事業者のDXはかなり進んできていて、どこの店舗も何かしらのツールは導入している状態です。第一回目の緊急事態宣言でどこのデリバリー・モバイルオーダーサービスも申し込みが殺到し、「とにかくまずは沢山のツールを試して、自店舗に合うものだけを残して使っていこう」という動きがありました。今も導入の波は続いているかと思います。

一方で、中食も外食程ではありませんが、ツールの導入が進んできています。理由としては、「オフラインの売上だけに頼れなくなった」ことが大きいです。
中食は元々販促費にあまり予算を割かず、最初の出店場所を人通りが多い、もしくは良い立地条件のところを選んで、来店客数を囲い込む戦略をとっているところが多いです。客単価が外食と比較すると低いのと、予約という概念が無かったため販促ツールとの相性があまり良くなかったというのも、導入が進んでいない要因かと思います。

ところが今、コロナによる来店客数の低下が続き、いつ戻るか分からない状況になっています。その中で、中食でもデリバリー・モバイルオーダー導入の動きが加速してきました。
中食の中でもパン業態に特化したツールもでてきていて(パンタベル、sacriなど)、モバイルオーダーの中でも更にターゲットにより細分化されてきています。

中々DXが進んでこなかった中食業態でも、着実に変化してきていると感じます。これから事前注文・決済サービスの参入は益々増加しそうです。
国内においても乱立ですが、利用者のUXだけでなく事業者側のそれとして、厨房伝達・POS連携・会計連携と、如何にシームレスに繋がり単体サービスで終わらないか。生産性向上の視点だとそこにも期待したい部分です。
飲食店のデジタル化は、「ピックアップ」や「デリバリー」だけでなく、「店内飲食」でも進んでいて、不可逆的なトレンドになることはもはや確実になりつつある。そして、そのデジタル化は、飲食店自身によってではなく、外部のテクノロジーカンパニーの支援を受けて推進されており、POS決済事業者がその役割を果たすだろうという記事。
「外部のテクノロジーカンパニー」が様々な産業のデジタル化を支援し、そのサービス自体が一つの大きなビジネス群を形成するという動きは、飲食に限らずあらゆる顧客接点を持つ産業でますます加速するだろう。
正直、マックで店内で並ぶなら、席に座ってモバイルオーダーして席まで持ってきてもらったほうが良い。ドライブスルーもモバイルオーダーで、駐車場で受け取れるしメリットしかない。

店内にタブレットとかがあれば同じことなんだが、客が自前の端末でやれるのは端末管理(消毒とか含む)の手間がなくなるので店側にはメリットあると思う。電話でオーダー受けてるのとか見ると、大変そうだなあという思いも感じるので、アプリからのほうがお互い様かなあ。
いい流れですね。もっと加速して、美味しい店の料理が家で食べられるようになってほしい。
逆にDXが進みにくい
老舗飲食店の価値も、相対的にあがる気がします。

(というより懐古思考的にDX進まないでほしい)

紙で作られたあの手書きのメニューの
人間の温かみが好きです。(UXとして)
日本では弊社がんばっております!