[17日 ロイター] - 米仮想通貨取引所のコインベースは17日、米証券取引委員会(SEC)に株式公開を申請したと発表した。申請は非公開で行った。承認されれば、主要な米仮想通貨取引所として初の上場となる。

代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインは16日に初めて2万ドル台に乗せ、17日も最高値を更新した。大口投資家による関心の高まりが背景にある。

ロイターは7月、コインベースが上場に向けた計画に乗り出し、通常の新規株式公開(IPO)ではなく、ダイレクトリスティング(直接上場)による株式公開を模索していると報じた。直接上場では、既存株主は引受先を介さず、速やかに保有株式を売却できる。

コインベースは発表文で上場の手法は明らかにしなかった。

SECがコインベースの上場計画を承認すれば、仮想通貨の支持者にとっては大きな前進となる。仮想通貨の多くは、その投機性やマネーロンダリング(資金洗浄)のリスクなどから、主流の投資家や一般社会の信頼を得るのに苦慮してきた。

2012年に創業したコインベースは、世界で最も知られた仮想通貨取引所の1つで、100カ国以上に3500万人を超えるユーザーがいる。