新着Pick
627Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インターネットの登場以来、ずっと問われてきた「プラットフォームなのか、メディアなのか」の議論がここでも、という眼でこの一件を見ていました。
「だれでも投稿できる」というプラットフォームのコンセプトと、コンテンツに対して責任を持つというメディアの責務は、基本的に相性がよくありません。メディアになろうとすればだれでも参加できるプラットフォームとしての価値は損なわれますし、プラットフォームの価値を維持するなら、すべてのコンテンツにメディアのようにチェック機能を働かせるのは現実的に困難。これはフェイスブックとフェイクニュースをめぐる議論を見ても明らかです。

メディア論とは別の視点として、プラットフォームを通じて発信する一人一人が、公共の場での発言、発信として適切かどうかを自分に問いかけながら文章をつづる意識を持つこともこの問題においては大切だと感じます。インターネットの登場で私的な空間と公共の空間の境界が曖昧になっていますが、ネットは「公共の空間」です。「私的な感情を丸出しにした自分の日記を街中で音読する人はいないよね」という、多くの人が本来持っているだろう「公私の発信を峻別する感覚」を働かせるのは、決して難しいことではないと思います。
わかりやすく、顛末がまとめられていました。ただコメント欄では混乱している人が多い気がするのですが、noteはプラットフォームだけれどcakesのホームレスの件と浅野さんの件はコンテストで優秀作に選んだり入選後連載の権利を付与していたりしたから主催者としての責任が問われたのだと思います。

加藤氏の謝罪文は起業の経緯とそのどの段階で今回の問題につながる根本が発生してしまったのかについての認識が書かれていて、確かに軽い感じというか”note感”はあったものの、私は理解できるかなと思いました。他の起業家の謝罪と比べられたりしていますが、人が亡くなったり、性被害に遭ったりする、更にこれからもその被害者が出る可能性があるというものに対して、メディアが書いて初めて(場合によっては数ヶ月沈黙の上)公表するというのとは性質が少し違い、本件はその都度当事者との和解等は進めてきたとも思うので…あとは公で「正しく謝罪できたか」というよりは今後の運営や内部の改革は彼ら自身の問題なのではと思いました。
Notes は登録して、1、2本、ほとんど読まれない記事を書いただけなので、こんなことになっていたなんて知りませんでした。

Cakes については、ディスカヴァー時代、ちょっとニッチで危うい系の企画があると、事前プロモとして、cakes さんに連載お願いしてみようか、と考えたりしていました。地上波では無理だけど、Netflix ならいいか的な企画。

なので、「メディアのような存在になっていたのに、既存のメディアのような厳格なチェック体制ができていなかった」との加藤さんの反省の弁、理解しますが、既存のメディアと同じようなちゃんとしたメディアになって行っちゃうんだ、と、ちょっと寂しい気持ちでもあります。

かと言って、私はこっちの世界にはやっぱり入り込めないな、という、極めて無責任な外野的発言ですが。
ほんとコロナストレスをどこにぶつけるのかみたいな攻撃先探しをしてるようにしか見えない
NP続けて色々分かったこと

1.書いた人に対して炎上する
2.書いた内容に対して炎上する
3.テーマに対して炎上する

炎上には、この3つの要素があると思います。
3つが組み合わさると、NPでもかなり盛り上がります。

最近だと、ダントツでアメリカ大統領選挙ですね。
社名がnoteに変わったので、タイトル的には仕方ないけど、燃えているのはcakesであり、noteユーザーとしてはnoteが燃えてるというのはあまり見たことがないんですけどね。タイトルは少しミスリードを誘ってしまう気がしました。
メディアプラットフォームとして伸びれば多少の炎上コンテンツは出てきてしまうよな…と思いつつ、そういう時の企業の対応は見られているという意識を強めた方が良いのではと感じた記事でした。
炎上案件に対してのメディアの反応を見ていると、炎上するかどうかが掲載して良い基準になってるように見受けられるのがほんと終わってる。

その影響なのか、マイルドな語り口であれば何言ってもいいのか?と疑問に思うようなメディアやコンテンツ、演者も多すぎ。
プラットフォームビジネスが転換期に入っても、PV至上主義で首尾一貫してるな~という印象。

noteは辞めましたが、引っ越し先が見つからないので困っています。
noteは確かに知人も多く活用しています。急成長をするとこうした問題も話題になりやすいですね。

noteはまとまった分量のコンテンツを発信したい方にマッチしたサービスですね。よく練り込んだコラムや分析などの記事が掛かれたnoteを、私もブックマークしていたりします。(当社代表の落合も、経営とリーダーシップに関する研究を最近noteで発信させていただいております。)

私個人的には、内発的に深く練り込んだ文章を書くのは苦手なので、NewePicksのようにお題があってそこにコメントをする形式の方が気楽なので、こちらを使わせていただいております。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン