新着Pick

東京都「年末年始コロナ特別警報」発出を表明 小池知事

NHKニュース
【NHK】東京都の小池知事は17日夜、臨時の記者会見を開き、過去最多となる822人の新型コロナウイルスの感染が17日都内で確認され…
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
65歳以上70歳未満の軽症者について、重症化リスクのある基礎疾患などが無い場合は「宿泊療養施設」で受け入れることも検討中とのことです。ひっ迫する病床をあけるための措置だと思われます。

一方で、先日神奈川県で軽症者の病状が急変し、死亡したケースもありました。容体の確認などは一層慎重さが求められると思います。

東京都に接する近県知事から、東京への往来自粛が呼びかけられています。春先の感染拡大時のような、それぞれが「行動様式を変える」局面に入りつつあると思われます。
「勝負の3週間」から「年末年始コロナ特別警報」、フレーズを変えるだけで本質は変わっているのでしょうか。

「短期間集中対策」ではもう解決できないことが明白であり、「長期間対策」の道筋を示して頂きたい。
人間ですし、江戸っ子はお上のお達しをスルーすることに長けてますから、春先のような効果は期待できないと思います。そもそも指数関数的な増加でもないですし、現場主導の治療技術の進歩で重傷化率も下がってますし。
東京都知事にぜひお願いしたいのは、都内の事業者に対する通勤の自粛とテレワークの徹底。行政コストも財政出動も伴わず、人の動きを止め意識改革を促す最善策のはずです。むしろなぜしないのか、理由を知りたい。
▽いつもの小さなグループで過ごすこと、
▽久しぶりの人に会うことはできるだけ避けること、
▽忘年会や新年会は避けること、
▽帰省はできるだけ避けること、
▽帰省する場合には2週間前から会食を控えること

指針として、とてもわかりやすいです。
国と自治体の大きな政策の方向性がはっきりしない状況では、なかなか口先で呼びかけても大きな変化は見込めないでしょう。メッセージとしてはいろいろなニュースがあるなかで、埋没感が否めません。
国も含めて基本的には積極的に減らす、というよりもこの辺りの数でも医療崩壊しないように踏みとどまる、のが目的のような感じなので、その先をどう見据えてるのかを知りたい。
飲食店的には春からの3回で1番厳しくて長いやつが来ると思っているので、方向性は中途半端にして欲しくないな。
春は減らす、夏から秋は許容する、っていうのが見えたけど今回のは現状では増やさない、けど旅行や飲み屋は動かさない、って感じだからしんどそう。

保証協会で100%保証の追加の枠とか公庫の追加枠出ないかな…
小さいお店は補助金とかで儲かってそうだけどなー。笑
東京アラートは?

この人は流行語作ることに至上の快楽を感じるタイプですね。中身はない
警報やら宣言やら、沢山出てきていますが、言葉遊びになっていて抑止に影響力が本当にあるのか疑問なのは自分だけ⁉︎
何か変わるのかな…
1人1人の意識ですね。