新着Pick
573Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本来持っているポテンシャルを発揮できるには心理的安全性が絶対重要!!!!
一人一人をちゃんとエンパワー出来ること。萎縮しないで伸び伸び出来ることがこうした先の見えない時代には必要です。

組織を柔軟にする人間関係を作ることが大事です。

マサチューセッツ工科大学のダニエルキム教授の提唱する「組織の成功循環モデル」でも「関係の質」からのスタートを説いています。

絶対の真理です。
自分の力を出す、経験を踏み知恵をはぐくむ、難しいことを達成する、こういうことが可能なのはすべて良好な人間関係がその礎なのでしょう。一言に人間関係といっても、いろいろありそうです。お給料や待遇はもちろんですが、自分の思ったことを発言できたり、Openに議論できたり、協力体制を作れることは、私にとっては重要でした。よい人間関係は安心してチャレンジできる環境にも寄与すると思います。
辞める理由が人間関係というのはまったくもってごもっともです。

今の職場(業務委託先)もパワハラが横行してますから。またパワハラしている本人はパワハラだと思っていないのが対処に困ります。

社員ではないから関係ないかと思っても、ベンダーに対してもパワハラするから困ったものです。

下請け法などをチラつかせるてもありますが、難しいですね。
個人的には人間関係どこに行っても完璧じゃないと思うから
、目の前のチャレンジを乗り越えて辞めたほうがいいと思いますけどね…そういう意味で言うと第2位のキャリアチェンジがポジティブな理由でいいですね
残念ながら、本音を聞き出すことは殆ど出来ないと思う。離職の理由は、其々の理由があると思うが、自身の成長実感を得られない環境下では、どんなに処遇が良くても働き続けることは出来なくなるだろう…。承認欲求の次に続く本質的な欲求の一つである。「働く環境」のうち、精神的安全性は、この時代において非常に求められる衛生要因となった。"自身らしく働く"上で、お互いに尊敬し、異なることを内包し、自身の強みを活かせる場所は、物理的な場所という意味よりも、組織風土や人間関係が大きな影響を持っている。組織における動機づけ要因が健全に働いているかを意識的に見直したいですね。
企業の思惑と、従業員の受け取り方は大きく違っているのだと痛感します。
ーー
「効果が出にくい・出ていない」と感じる活動の1位は「メンタルヘルス」(18.4%)「良好な人間関係」(16.8%)、「適切な評価」(16.0%)と続いた(いずれも複数回答可)
人間関係もそうですが、
今後は、労働環境の選択肢の広さ、が入ってくるでしょうね。