新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事と関連しますが、貧困にあえぐ若者を支援されているNPOのD×P様のマンスリーサポーターを始めさせていただきました。
これまで海外の仕事が多く、特に途上国の発展や貧困の削減を意識していましたが、自分自身の経験もあり、微力ではありますが国内の貧困にも目を向けたいと思いました。
D×Pの皆様のお考えや社会に出る一歩手前のタイミングの方々をターゲットにされていることにも強く賛同しました。
皆様も是非ウェブサイトをみてご検討してみて下さい。
https://www.dreampossibility.com/
記事より、
「よく、『子どもの貧困は7人に1人』という報道を見るようになりましたが、それを実感している人は少ないように思います。それはなぜか? つまり、こんなに時代が変わっても、『貧乏』の概念が昔と変わっていないからではないでしょうか。
この一文がまさに本質を捉えていると感じました。

私も日本の子どもの貧困問題に取り組む前までは同じ考えでした。
社会課題を自分ごととして捉えるというのは共感です。
正直に言えば、こう言った現実には目を背けたくなりますよね。

仮に近所の子とか同じマンションの子でこう言う子達が居たら、ウチでご飯なんて(贅沢な食事ではないですが)いくらでもご馳走しますよ。

でも、そんな話じゃないんですよね。

金銭的な貧困だけでなく、社会のコミュニティからも外れてる。
仮に自分が貧困の親の立場なら、他人に助けを乞うなんてできない。貧困を隠したくなると思うんです。
なんなら、お誘いを受けても「ウチはウチで平気ですから大丈夫です」って断るでしょう。

極論すれば親はどうでもいいんです。

子供達をどう救うか。

核家族な家庭が増えて、身内からの支援も受け難かったりする。
他人が簡単に救いの手を差し伸べるのも難しい。
行政がどうにかしろ、なんて言うのは簡単ですが。

一体どうしたらいいのか。

私の中で答えはありません。

こんな貧困家庭で苦労する子供達が少しでも救われるのを祈るしかできません。無力でごめんなさい。