新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現状では電池自体の軽量化は出来ないので、他を切り詰める結果、エンジンのある所 (大抵運転席の前) が硬く重いガソリン車に比べ、電池のある所 (主に床下) に硬さ(バッテリボックスのため) 重さが集中した構造になりますねぇ その結果、衝突要件を実現するための理想的潰れ方 (crash mode) が大きく変わり、その結果、その潰れ方を実現するためのボデー設計がガラリと変わるべきなのですが、生産ライン変更までしてそれをやる余裕 (決意) が皆さんないんですねぇ なので、今までの設計のマイナーチェンジで対応してる状況ですかねぇ あと、自動運転の普及に対応して、近い将来衝突安全性のregulationsが変わる可能性も大きいので、それもあっての様子見もあるでしょうねぇ

(なので、ワタシのような設計研究者には提案チャンス、という事なんですねぇ ニヤニヤ)

(20年程前HEVが普及し始めた頃も、自動運転のところ以外おんなじ事言って営業してたんですが、今回の方が商機ありますねぇ HEVの時に比べ、BEVには皆さん乗っかってるので ニヤニヤ)

あ、なぜSUVが増えるかって? それは売れるからですねぇ じゃあなぜ売れるかって? それはヒトが基本的に greedy (excuse me for the word choice) だからですねぇ え、環境には悪いですよ、モチロン ガソリンでも電気でも だって殆ど自重なんですから

ヒトのgreed を変えることはワタシにはできませんが、技術者としてできる事はやりたいとおもっていますよ

「誤解を恐れずにいえば、電動車(電気自動車)にとって『軽量化』は不要なのです。正確には、ガソリン車と同じような軽量化は不要という意味です。」
その通り。

なぜコレで電動車がガソリン車よりエコだと言うのか。
欺瞞でしか無い。

『「誤解を恐れずにいえば、電動車(電気自動車)にとって『軽量化』は不要なのです。正確には、ガソリン車と同じような軽量化は不要という意味です。

 ガソリンエンジンと異なり、電気自動車の動力であるモーターは、発進時から最大のトルクを発生できるという特徴があります。

 出力も自在に調整できるので、重量が増えてもガソリン車のように加速が鈍くなることは現実的にはありません。

 バッテリーの配置にもよりますが、重心を低くすることで背が高いクルマでも走りが安定するという側面もあります。

 このように考えると、SUVのデメリットは打ち消され、むしろ『居住性が高い=バッテリーを多く搭載する』ことができるSUVは電動化と相性が良いといえます。

 もちろん、こうした前提を踏まえたうえで、実際にはあらゆる部分の軽量化をおこないます。ただし、ガソリン車における軽量化とは考え方が少々異なるのです」』
人間の欲求が生む矛盾した製品、でもそれが現実。
大きい車が快適、だけどそうするほど重い。環境にやさしい車にしたい、でも重いほどエネルギー効率は悪い。
構造設計は変わるという論点はわかりつつも、そもそも矛盾を大きく抱えているセグメント。でも一種人間くさくはあるが…
ならば電動化でこれが正解ではなかったということ。滅んでいただくしかない。あるいは、マニア、オタク向けとしてニッチに生き残るか。
初代ハリアーが登場した1997年。スポーツカーにしか興味のなかった僕の胸がときめいた。高級クロスオーバーSUVという新たなジャンルは、今も輝き続けている。
電動化以前に、SUVは、お年寄りやちびっ子には段差が高くて乗りにくいし、タイヤは意味なくデカイし(交換するときお金がかかる!)、やたらケツが高くて後方視界が狭くて運転しづらいし、デカイ割には大して荷物載らなかったりするし、いいところがあんまり無いと思うのですが、、、売れていますよね。