新着Pick
314Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
苦しい決断ですね。
CRJの買収含め、やれることはやったのではないでしょうか。結果失敗に終わった(終わる可能性が高い)ことは、外側からは計り知れぬ背後の色々な複雑なこともあろうかと思いますし、叩くことは憚られます。シリコンバレーのように、失敗を許容する文化が大事だと言っている方も多いですし。
大事なことは、この失敗が何かを冷静に棚卸しし、新たなるチャレンジを別なところで続けることだと思います。
既存事業のままではこの先が難しいことは皆当然わかっていると思いますし、この先のイノベーションに期待します。
三菱自動車の再生に携わった経験から言うと、MHIの社員はプライドが高く、部門間の壁も高い。技術者をトップとしたヒエラルキーの中で、モノ言えぬ雰囲気が支配する社内風土がある。この社内風土を変えない限り、再生は難しいと思う。
「来年度以降、機体の安全性を担保する国の型式証明を取得するための手続きなどに限った最小限の体制となります」 (@@;ウーン
経産省の音頭で2008年に開発が始まった国産ジェット、型式証明が取れれば再び動き出すとの意思表明と感じないでもないけれど、「従業員を約20分の1に削減」、「開発費大幅縮小」、「アメリカ・ワシントン州にある開発拠点についても、来年4月までに試験飛行などの活動をやめ、4機ある機体の保守や管理に限る」となれば、下請け企業も離れるでしょうし、実質的には撤退じゃないのかな。 (・・?
本体の経営をも揺るがすと夙に言われながら新型コロナに揺さぶられてどうにもならなくなるまで決断が遅れ、撤退とも継続とも素人目には判然としない対応をこの期に及んで取る背景はなんなのか。万が一にも面子を掛けた経産省の介入や“国策企業”としての配慮といったものがあったなら、伝統的な我が国の企業が三菱重工に限らず世界の中で後れをとって行くのは当然です。ブラジルや中国が成功させた国産ジェットの開発が我が国で挫折するのは本当に寂しい限りで、夢を残して欲しいと思いはするものの、そっちの方が気にかかる・・・ (・・:
型式証明取得の活動は続けるとのこと.それで良い.
すべてアメリカに依存し、アメリカから許可をもらわないと、作った飛行機を売らない。
最終的に何年も後伸ばしをして、空を飛ぶ可能性がどんどん薄くなる。
従業員もたいへん困るし、これからやることも決心できない。
がっかりしている。
こんな結果がわかれば初めから飛行機をやらなくてよかったのではないか。
やるが、途中に辞める。三菱重工らしくない。
これによってエンジニアがベンチャーに流れてくれると良いなぁ。
もちろんご本人たちにとっては、ベンチャーに行くことは大変なチャレンジになるけど。
「失敗で撤退」なのに「一旦立ち止まる」と発表していることからも各ピッカーがコメントされているように組織のプライドの高さが窺えるものですね。見事な失敗ビジネスのケースに最適。
トリクル充電
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/トリクル充電
事実上の撤退。
MRJがアメリカの運輸当局の仕様に合わなかったというのは、今もって信じられない。設計段階でまず要件定義しないといけないポイントかと。

陰謀論は好きではないですが、「表に出ない何か」があったと考えています。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア

業績