新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従業員が、会社のビジョンや信念を重視する傾向、というのはこの4-5年、新卒研修を担当する中でも実感としてあります。

>彼らは自分らしさと、インクルーシブであることを重視し、社会問題を気にかけることをクールだと考える。だから就職先でも、会社が社会問題について立場を明確にすることを強く期待するだろう。

まさに上記の通りで、恐らく一昔前のように
「まず会社ありき、で、○○株式会社の自分」
ではなく
「自分の価値観に合う、自分という存在を大切にしてくれる会社はどこか」
に大きく価値観が変化しているのを感じます。

私たちが働く意味や、会社が社会に存在する意味は「お金を稼ぐ」という事だけではない、という変化が、この記事にあるように特に「スキルが高く、高学歴で、需要の高い従業員」を中心に色濃くなっているのだと思います。

War for talentなんて言われて久しいですが、近年Digital領域を中心に更にそれが激化していますし、employee value propositionを明確に出来ない企業は選ばれなくなっていくんでしょうね。

それにこの記事にあるように、これは従業員の声 vs. 会社、ではなく、従業員の声は消費者の声である事も多いです。
それを大切に出来ない会社は、消費者からも支持されなくなってしまう気がします。


2019年に、米国の大手企業200社ほどのCEOが参画する経営者団体、ビジネスラウンドテーブルが、企業のPurposeを「顧客、従業員、サプライヤー、地域社会、そして株主という全てのステークホルダーの利益を考慮した経営にコミットする」と再定義しました。1997年から「株主第一主義」を原則としていたものから、大きく舵を切った事にも象徴されるように、大きな転換期にあるように感じます
Quartz英語版の特集シリーズ、<Field Guide>でお届けした「The rise of employee activists(従業員アクティビズムの台頭)」から、アメリカで広がる「従業員アクティビズム」の動きについてお届けします。

企業の社会的立場を表明することが、かつてないほど重要視されるようになっている今。Quartz Japanでも、ペプシやアップル、アマゾン、ナイキなどの事例から、企業の社会的責任と、これからのあり方について、ニュースレターでお届けしました。👉「New Normal:会社はどう「声」を上げるべきか」(https://qz.com/emails/quartz-japan/1930044/

その動きは、企業と消費者の関係にとどまらず、企業と従業員の間でも広がっているとする本記事。特集内の別記事では、この変化のタイムラインについてもお届けしています。「A timeline charting the new rise of employee activism」👉https://qz.com/work/1943717/

Quartz Japan(https://qz.com/japan/)では、平日朝夕と週末に、「ニュースレター」という形でコンテンツをお届けしています。また、上記の英語版の記事も読み放題です!ぜひ、7日間のフリートライアルでお試し下さい!(現在、新規年割会員がさらに10%OFFとなるキャンペーンも実施中です!👉https://newspicks.com/news/5387107
確かに株主や顧客だけではく、組織で働く人は大切なステークホルダーなわけなので、彼らの声をきくのは大切だと思いますし、こういう動きをいい意味で成長の原動力にできるリーダシップがますます重要になってくるのかな、と思います。ただ、この記事だと、会社のソフトウェアが動かないようにする、というかなり大胆なサボタージュで結果的に自分たちがサポートできない会社の契約を止めさせる、という「成功」と勝ち取ったわけですが、私が思ったのは、まず、こういった大胆な行動ができるのは一部の恵まれた労働者に限られるのかな、ということ。例えば、売り手市場の職業で会社との軋轢のリスクをある程度受け入れられる労働者。そして、これらの「同意できない」契約は、たぶん他の会社に回されるだけで、根本的な変化には必ずしも結びつかないのでは、ということ。自分が加担していない、という意味で満足できるのかもしれませんが。
「聞く耳を持たない」状態が最大の課題であり、逆に言えば「聞く耳を持つ」ことで、多くの危機的状況は回避できると思います。

記事中にもありますが「全ての意見を聞き入れる必要はない」のですが、反面「全ての意見を聞く必要はある」のです。

「聞いてもらえれば満足」ということを、どれだけ地味に実行できるかでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
それって日本でいうと、組合の仕事しかしない公務員みたいなやつでしょ