新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビックリしすぎて声も出ない。すでに国際結婚も含めて家族の形は多様化しており、別姓も存在する。その方々は家族の絆がないと言うのでしょうか? “伝統的な家族”の娘さんはきっと”嫁に出される”わけですが、その瞬間に家族の絆は終わりなんですね… 「選択的夫婦同性」に名前を変えてもう一度決をとってみましょう。たぶん可決ですよ笑
根強い反対だなあ…。そんなに同姓にしないと家族の絆が壊れると思うんだったら、結婚したら夫婦で新しい名字を作って名乗るようにすればいいのに、そっち方向の案が出てこないところがお察しですよね。
今回反対した議員の名前を公表してもらい、次の選挙の時に大々的に争点にするしかない。「選択的」も許容できない理屈が家族の絆なんて、だったら大多数の娘を持っている家族は結婚と同時に絆が失われたのか、ということになる。「嫁に出す」とか、「家を出る」とかいう家父長的な時代の感覚が未だに残っているのはよくない。
「選択的」なのだから別にそんなにこだわらなくてもいいじゃんとは思っているのだが、この件でツイッターで荒ぶる「夫婦別姓」論者の言い分を見ると本来妥協点であるはずの「選択的」という部分を認めない感じの極論が出ていることも確か。反対は「夫婦同姓」しか見てないし、賛成は「夫婦別姓」しか見てない。不毛なんだよ。
法案を「夫婦姓選択制」にして、同姓も別姓も好きにしたらいいんじゃない?
信じがたい結論。ありえない。
反対派はどんなビジョンを持って、どこを見て政治をやってるんだろう。
自民党の中にも良き異論があるはずで、非常に残念。
選択的夫婦別姓反対の人に下記のどちらがマシか聞いてみたいですね。

・選択的夫婦別姓
・夫が妻の姓に変えることを義務づける

選択的夫婦別姓の反対理由が家族の絆なら、後者を選ぶんだと思いますが。
ここまで根強い反対の理由は何なのだろう…世論とかけ離れている気がする
なぜ?後退したんだ?!
誰がなぜ??