新着Pick
803Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
継続利用率(解約率)の重要性。記事にもあるし、来年度からユーザベースの共同CEOになる下記の佐久間さんの2つのnoteも是非合わせてご覧頂きたい。
DCFモデルを作ったことがある方は分かると思うが、ターミナルバリューは成長率の影響を思いっきり受ける。記事のグラフや下記noteからも分かるように、成長率は解約率の影響を思いっきり受ける。
SaaSは「永遠のβ版」というコンセプト含めて顧客に価値を提供しながら共創して改善をしていくことが、とても大好き(佐久間さんの記事ばかりで恐縮だが、③)。一方で、世の中全体として立ち上がって数年のサービスが多い中で、顧客を広げていく中での新しいPMFや、SaaSが注目されてどんどん新しいサービスも登場する中で、その競争の中でこれまでの成長を継続・加速させることの難しさ(事業者は嫌というほど痛感しているが…)と、世の中の評価の乖離が大きくなってきているなぁとも感じる(④でコメントした点)。

https://newspicks.com/news/3272701
https://newspicks.com/news/3277565
https://newspicks.com/news/3778315
https://newspicks.com/news/5471181
KPI解説記事の第三回です。今回は「いまどきのKPI」について。

SaaSビジネス、サブスクリプションモデルが流行っている今日この頃ですが、このビジネスのKPIでよく使われている継続利用率、LTV(ライフタイム・バリュー)について解説しています。
SaaS企業が成功するための最重要条件は、カスタマーサクセスがミッション×事業構造×収益構造の三位一体で構築されているかどうかにあると分析しています。そのためにも、これらの三位一体がきちんと機能しているのかを見るKPIが必要ですね!
SaaSビジネスはビジネスモデルとして非常に優れていますが、適切なKPIを設定することで、ロジカルに目標達成への道筋を描ける特徴が強いように感じます。今回はそんなSaaSビジネスにおける、適切なKPIの立て方を解説いただいています。
Saasは導入企業にとっては固定費アップになる為、今回のコロナ禍においても何を残して何をやめるかの議論はありました。その点、便利だけでなく止めると損が出るという領域まで作り込まれているサービスは改めて素晴らしいと思った次第です。
>株式市場で評価されるのは利益を伸ばしている企業ですが、それは言い換えれば「安定的に急成長できる企業」

そう、SaaSが評価されるのはこの一文に尽きます。投資家視点では、将来のPLが読みやすいに越したことはない。
わかりやすいインフォグラフィックですね。

SaaSビジネスモデルの基本が正しく理解できます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。