新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日ボーイングが787の減産を発表していましたが、その理由が出てきたように感じます。
https://newspicks.com/news/5440994

航空機は、製造や修理段階での手順が一つ違うと、設計で期待された役割をまるで果たさない、ということがあります。例えば1985年の日航機墜落事故でも、もとはといえばその7年前の別件の事故の後の修理手順に間違いがあったためとされています。
すべての製造ラインでの問題ではなく、一部のラインでの問題であったのだと想像され、そうしたものが完成品として仕上がっていないかをトレースし、必要な箇所を点検するという措置を行っているものとみられます。この点検に時間がかかるため、787の減産を今月初めに発表したのでしょう。

もっとも現時点では787をたくさん作っても航空会社側がそれを受け取らないケースが増えているため、運航できる機体が少なくて定期便に支障が出るということはない見込みです。
見つかってよかったです

つなぎ目はねぇ 飛行機は手作業ですし 繋がないで作れるようになると良いんですけどねぇ まだドローン (あ、ヒコウキみたいなやつね) ぐらいの大きさしか作れませんねぇ、seamless fuselage (ドローンは窓もドアもないですし)

「炭素繊維複合材をつなぐ作業の精度が低く、結合部から小さな亀裂が生じて構造的な劣化が早まる恐れがある。」
もともと787は、ドル箱ではなく、客寄せパンダ的なポジションなので、痛手ではないのではないでしょうか?

737Maxが売れれば収益は確保できるので、そちらの方が課題かと。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア