新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナウイルス発生以降の国際政治は、中国が「中国のやり方に従うのですか。それとも没落するのですか」と問いかけるプロセスだった。それに「待った」をかけようとして大統領選挙で敗北したのがトランプ大統領。トランプ政権への反感から中国への関与策を秘めているように見えるのがバイデン次期政権。日本はしっかりとこの戦略環境を把握したい。日米関係を強化することは簡単。豪州、インド、東南アジアとの関係を改善するのは難しくない。しかし、日本の戦略上の課題とは、北方にある国家群、中国、韓国、北朝鮮、ロシアという国家との関係なのだから。いまこそ日本の北方政策のありかたを考えよう。
関連記事一覧
米中対立は不可避、日本はデカップリングに備えよ - 荒井寿光
論座(RONZA)
7Picks

日本はこの30年で学校を潰しすぎた!ある地方が直面する「厳しい現実」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
4Picks

中国は15年後にどうなっているのか? 「習近平の夢」は叶うのか、それとも政権崩壊か
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

「一つの中国原則を支持」VTuber所属事務所の声明、日中で批判が寄せられる。台湾めぐる「踏み絵」は過去にも...
ハフポスト日本版
4Picks

そろう日中の足並み EV・HVセットの「現実解」
日本経済新聞
3Picks

中国共産党員を入国禁止、トランプならやりかねない NYタイムズが報道、過激な対中政策の中身と現実味
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
3Picks

韓国で仮想通貨が“暴落”地獄を見た若者たちの「悲惨すぎる現実」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks

米中専門家インタビュー:アメリカ大統領選と米中新冷戦【経済・通商編】ルールに基づく秩序を壊しているのは米中どちらなのか - 認定NPO法人 言論NPO
BLOGOS - 最新記事
3Picks

欧州もゼロエミッション車普及で高い目標、「10年間で50倍は現実とかけ離れている」
MONOist
2Picks

トランプ氏は「異なる現実」に生きている、民主党ハリス氏 人種問題で批判
AFP
2Picks