新着Pick
374Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
性別によるアンコンシャスバイアスの実例ですね。ちょっと想像してみてください。もしあなたが男性で、実力があって、しかし履歴書を送っても必ず不採用。後から聞いたらその理由が「男性であること。男性はパワハラをするから管理職には向かない」というものだったらどんな気持ちがするでしょうか? 女性リーダーは常にそのようなアンコンシャスバイアスと戦っています。逆に男性を苦しめるアンコンシャスバイアスがあります。「男性だから危険な仕事をさせても良い」というものです。今のところビジネスの世界は多数派である男性、特に白人男性に有利な世界。日本なら高齢男性に有意な世界ですが、少しづつ世の中は変わっていると思います。
これは残念ながら「そんなわけない」とは言えない事象だと思います…

例えば:
・全く同じ経歴のキャリアで名前だけを男性と女性で変えた場合、男性の場合は「積極的だ」とポジティブに評価されるところを、女性の名前にした場合には「野心的過ぎる」とネガティブな評価になった
であったり
・女性は男性よりもperformance評価において「性格」に言及される割合が10%高い
などの調査・実験結果が出ています。

実際に私も「女のくせに生意気だ」とか「男だったら、ただの優秀な人なのに、女性だからきつく見られますよね」って言われたりしたことがありますし…

「高い地位に就きたい」と思うのは、踊る大捜査線じゃないですけど「正しいことをしたければ偉くなれ」という想いからであって、「出世」が目的ではないのですが、どうもネガティブに取られがちなので、控えめにしていると、「女性は出世意欲がないから、女性のモチベーションの問題だ」なんて言われたりするので、もう何がなんだか…という困惑はありますね。

ただ、自分が実現したいミッションがあるのであれば、周囲に惑わされずに、自分の信じた道を進むしかないのかな、と思っている所です。
興味深い記事。
アンコンシャスバイアスの一例とも言えるが「女性はこうあるべきである」の裏返しのパターンが嫌われる結果に。
「出る杭は打たれる」状況で、自分の考えを隠したり 自分を卑下することなく 自分らしく生きることの難しさが実験で明らかになった。  一方で 女性リーダーをそういう理由で嫌わない人々、サポートする人もいるということも忘れてはならない。
「(女性リーダーの場合は)人々を支援する無私無欲なものであると示唆する」ことで支持を得られるというのは、真実であると思う一方で、「彼女はリーダーとしては弱い」と叩かれることも少なくありません。

私も、若い頃(外資系金融機関に勤めていた頃)は「もっと欲を持て。君のように無欲では、周囲から弱いリーダーだと思われて舐められる」「もっとマッチョなリーダーになって、自分のパワーを鼓舞しろ」「人から好かれようと思うな、嫌われることに慣れろ」と散々駄目出しされ、コーチングされました。

女性のリーダーは、一挙手一投足について色々言われがちです。「線が細い」と看做されず、同時に「強欲」とも思われない、絶妙な振る舞いが常に求められます。男性であれば賞賛される振る舞いが、女性の場合は裏目に出ることが少なくありません。正直言って、中々にしんどいものがあります。
これ。
うちはひとり親で、家事育児やっているのはシングルマザーやワンオペのワーキングマザーと同じ立場。でも、男性というだけで「すごいですね」と言われるのと同じことかと。

「すごくないですよ、奥様がやられていることをやっているだけなので、奥様をいたわってあげてください」

と言うようにしています。

しかるにこの記事には、男性の危機感を感じざるを得ない。自分らの立場を脅かす存在と感じた途端に、身構えてる感ある。こういった風情の人々がすべて退場する時代にならないとこの国の風土は変わらないのかと思うと暗澹とする。それまで、まだらにより良くなる風土の組織はあるだろうと思うので、そういったところで活躍していくしかないのかもしれない。変化は早く進んでほしいけど。
個人的に非常に共感できる記事でした。
男性は野心的に昇格を目指していると、周りから賞賛されますが、女性の場合は「気が強い」、「可愛げがない」、「出しゃばり」などと言われたりします。同じように向上心が強くても、女性と男性では周囲からの見られ方が違うのです。

こういった女性の野心・向上心に対するネガティブな見られ方が、男性の間ではもちろんですが、女性の間でも、変わっていかないと真の意味での女性の社会進出、男女平等は難しいと思います。

そして、女性であっても、(男性であっても)「出世したい」という気持ちを持っても良いと思います。女性だからといって、「出世したい」と思った時にネガティブに周りに思われることがおかしいのです。
こういったバイアスは、もう様々な研究で明らかにされており、「ある」か「ない」かといえば、「ある」のです。ただ、アンコンシャスバイアスの場合は、そういうものが「ある」と意識の上にのせるだけでも随分ちがうのではないかと思います。これは、女性に限らず、ダイバーシティを進める上でも大切なことです。
まだまだ、昭和的な意識が根深くあることに失望感を抱いた…。何かに秀でた人間なだけであり、そこには、男も女も関係ないと強く思う。"男性の僻み"は本当に醜いですね…。私の周囲では、本当に凄いなぁ〜と思える優秀な人は、大半が女性です。特に、メンタルタフネスは本当に見習いたいですし、凛としている佇まいが"カッコいい"と心底思っています。
そうなんだろうなと妙に納得出来る記事でした。

人の心理を理論で変えるのは無理なので、結局、ルールで管理するか、女性が心理戦に勝つか?どちらかが必要なのかなと思います。

これは男性でもそうだと思いますが、アグレッシブな言動は少し出し惜しみするくらいが良いと思います。
→ずっとアグレッシブでいると疲れるし
いざという時は、絶対に譲らない…と思われていても、普段はなるべく柔かにしているように心がけています。

犬で言うと、秋田犬やシェパードみたいな感じかな。
ドーベルマンは止めた方が良いかと。
かと言って、ラブラドールやセントバーナードは優しすぎるので舐められるかも。
柴犬だと気が強くても、気まぐれ過ぎてリーダーとは認められないから避けた方が良いですね。
スピッツはちょっと頂けない…
残念ながら、その通り!と思ってしまう内容です。

だからこそ、本当は心の中では野心を持ち、メラメラと赤い炎を燃やしながらリーダーの座を狙っていたとしても、表向きはあたかも何も考えず、任命されたのであれば頑張ります、職務を全うします、という人が多いのではないかと思います。

別に「好感度」を求めているわけではないと思うんですけどね。笑
その方が今の男性社会の世の中を生きやすいというだけのような気がします。