新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データをいくらでも蓄積できるようになり、保持する費用も低減し、センサーが普及していくことで、利用可能なデータ量が爆発的に増えているのが現状です。

しかし、そのデータからどういった意味を見出せるのかは、まだまだ未知な領域が多く、活用の初期段階にあるという認識です。

データサイエンスおよびテクノロジー、そしてビジネスの3要素を理解したサイエンティストが、今後ますます必要になりそうです。
証券分野での活用が記事の中では取り上げられていますが、気象データ×購買データで台風前の防災需要を予測して配荷を最適化するなどの取り組みも行われ始めてます。
交通系ICデータなどを活用してとのことですが、Googleモビリティ指数の広がりもあるしで、データビジネスも更に競争激化が進んでいくのかな‥。この数年、オルタナデータ注目とずっと言われていましたが、記事に人材育成も気になる。

私はオルタナデータ詳しくないので当てはまるかわかりませんが、データクリーニングって想像以上に大変だし、オルタナデータになると尚更なのかなという印象。
社会経済で加速度的に進むデジタル化を背景に次々と生まれるデジタルデータが「オルタナティブデータ」として活用される時代がいよいよ到来したことを実感させられる記事。このトレンドはますます大きくなり、「オルタナティブ」とすら呼ばれない時代が遠からずやってくるはずです。
確実に市場が広がっていることを実感するとともに、記事で言及されている人材不足や、ワード先行で中身が伴っていないものの増加など課題も浮き彫りになりつつあるなと感じています