新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3Dプリント住宅に関しては、同様の方式では中国などでも先行事例はある中で、ある程度公的な形で試験段階まで行ったということなんですかね。素材側や機械側など諸々のノウハウも溜まり、ある程度の規模の反復的な住宅の大量生産などには確かに向いているので、今後一定の実用性は持つことにはなりそう。

ただし、作る建物より大きな機械を据えて、さらにその周りで資材のやりくりなどをしなければいけないという施工上の制約もあるので、機械の設置手間をペイさせる意味でも、相応にまとまった平坦な土地での開発が前提にならざるを得ず、狭小で土地の形状が複雑な敷地が多い日本では実装のハードルは高そう。ただ、うまくシステムとして組み立てられれば、被災地の数年間の仮設住宅等の利用可能性はありそうに思う。

特にまだ現時点で解決できていないのは従来の鉄筋にあたる引っ張り耐力を受け持つ素材の組み込みで、現時点ではそれができない前提なのでどうしても全体としてレンガ造のような組積造的な規模と造形しかできない。現代の開放的な住宅に慣れてしまっている目には、まだ正直住みづらいものしかできない印象。こうしたネリハミガキ式施工が長期的にどんな挙動をしてどんな問題が起きるのかも、まだ十分にわかってはいない。

現時点ではこれらはまだ基礎的な研究で、より付加価値を作るためにはロボットアームで鉄筋の施行を付加する、ポリマーなどで新素材として張力を担当する、鉄骨やプレハブ部材その他の構造とハイブリットにすることで、開放性や希機能、施工性を担保する等、まだまだこれから拡張していくステップの一つ。そうした一つ一つのディテールが、現時点でまだ全くの未開拓領域なのはとても興味深い。

日本ではまだこの領域を充分な規模と領域横断の体制で扱えるパワーハウスが出ていないのが少し残念なところ。設計者の立場としては、こういう施工ならではの造形や使い方なども、試しているうちにきっと見えてくるだろうというところも期待値。
現時点では課題はまだまだありそうですが、とにかく実験しながら前進する姿勢が素晴らしいと思います。3Dプリンタは今後どんどん進化して、基礎的なものであれば、もしかしたらオンラインで買ったものが卓上でプロントアウトできるようになるかもしれません。そうしたら物流の課題も新しい解決が見えてきそうです。
ドイツ初、とのことですが世界に目を向けるとそれなりに試みが。

また、住宅ではありませんがスペインのサグラダ・ファミリアも3Dプリンタの恩恵を受けて完成予定が大幅に前倒しに。


世界中の建設業界で進む3Dプリンター活用まとめ
https://news.sharelab.jp/3dpnews/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%A7%E9%80%B2%E3%82%803d%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%B4%BB%E7%94%A8/

サグラダ・ファミリアに正式な建築許可、建設開始から136年
https://newspicks.com/news/3398625
ただ作ってみた(かった)だけの先行例に比べて、技術検証を慎重に (本気で) するのが、実に独国らしいですねぇ プリンタの運搬・設置・撤去、完成品の耐久性・寿命までを含めた比較評価をなさるんでしょうねぇ

で、結果コンクリだけではねぇ、となって建築プリント用の(複合) 材料・(複合) 工法の開発に進むのでは、と予想しますねぇ

「「従来型」の建築と比べて、工期が短く、より多様な設計が可能なのかを判断するために実施されている」
ドイツでも3Dプリンターの家が。住宅の最先端のドイツでこの動きは期待できる。