新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
富士山のような自然世界遺産は、「サステナビリティツーリズム」を推進しなくてはいけません。
自然のものなので、キャパシティがあるのです。
観光で楽しむと同時に、環境をしっかり守り後世に伝えていかなくてはなりません。ある程度、高い価格設定で、人数と観光客を制限することは重要だと思います。

ゴミを平気で捨てるような「意識低い輩(やから)」や、「登山列車の価格設定が高い!」と文句をいうような輩(やから)は、「来てくださらなくて、乗ってくださらなくて結構です」と言って、ある程度、人数コントロールをしないと、オーバーツーリズムや観光公害につながってしまいます。

世界の唯一無二の自然観光資源は、たいてい、恐ろしく高かったりします。スイスの登山鉄道もそうですし、ガラパゴス諸島に向かう船などもとても高額です。(私はエクアドルに2週間、学生時代にバックパッカーで滞在して、ガラパゴス諸島にすごくいきたかったのですが、高額さに諦めました。w つまり、貧乏学生バックパッカーは、ガラパゴス諸島の自然資源や生物多様性に寄与する金額を落とせないので、お呼びじゃないのです)

ところで富士山は本当に素晴らしい。何が素晴らしいといえば、その独立性ですね。高さでいったら、2位の北岳は、3193メートルで、富士山と600メートルぐらいしか違わないんですけどね。
日本で、第二位の山は?と聞かれて、「北岳」と答えられる人が、何割ぐらいいるでしょう。連峰なので、周りの山も高くてですね、埋もれちゃうんですよね。(笑)

あの富士山の独立性・孤高性が、スイスのマッターホルンもそうですが、シンボリックであり、信仰の対象であり、多くの文化にも絡んできたということですね。
きちんと自然保護と観光収入を両立できると良いですね。
『コロナ後を見据え、来訪者数を平準化し、環境負荷をなくすために、車から鉄道に切り替えようというのが登山鉄道構想だ(記事から引用)』
『松浦晃一郎・元ユネスコ事務局長や岩村敬・元国土交通事務次官からも「登山鉄道を機に、5合目やその上の山小屋なども含めて世界に誇れる富士山にすべきだ」などの意見が出た。(記事から引用)』
登山列車の運賃が高いか安いかの議論よりも、今回の構想をきっかけに今後の富士山観光のビジョンやあり方などの議論が深まることに期待したいです。その為にも、何故、富士山が「信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されたのかを改めて問い直すことから始めても良いかもしれません。富士山が日本人の自然観や宗教観、芸術文化に至るまで、様々な影響を与え続けてきた事実はとてつもなく大きいと思います。
『長崎知事は「これからは薄利多売が成り立たない。高付加価値化しないと駄目だというコンセンサスを得たい」と述べ、』

ここにビジネスの基盤を置いているお土産屋さんなどのコンセンサスを取るのはなかなか難しそう。
イコモスからは来訪者抑制野必要性が指摘されているのですが、昨年は来訪者が増加。コロナで減少しているものの、これからまた元に戻ることは想定されるので、車手の移動から鉄道に移行することで環境負荷を低減させる狙いもあるようです。ただ、1万円という価格は気になります。車で5合目までの料金も同じくらいに設定しないといけないように思います。
この写真をみると、新幹線開業時に富士山の前を新幹線が横切るポスターが論議を呼んだことを思い出します。何事にも風景になじむということがあります。環境問題、特に温暖化、富士山だけで論議していても始まらないでしょう。
誰に、どのような価値を提供するために、これを実施するのでしょうか?

ステークホルダーにとって、これは良いことなのでしょうか?

富士山を観光資源としてお金儲けのネタにするのであれば、やめておくべきだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
なんのために検討してるのかがよくわからないんですが。
クルマでの乗り入れを禁止して、LRTに完全に切り替えるならいいね!