新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相手を正そうと思うのは、思考停止の証拠。

そして、成長が止まっている証拠でもある。自分の限られた知識や経験だけに頼って、小さくまとまっています。

自分とは違う意見を、活かしましょう。新たな発見になり、成長するきっかけにもなりますから。
YES butではなく、YES and…の思考がお互いのアイデアを健全に高め合うアプローチ。人間誰しも全てを御見通しできる人はいません。頭ごなしに否定すると、相手も意固地になることを理解する。更に良くするために何ができるかを一緒に対話し、考える機会を生み出すことが求められると思う。
部下じゃなくても相手を正さねば、という姿勢自体変な気がします。
関連記事一覧
誰も嫌な思いをしない。相手の意見を否定せずに上手く反対する伝え方
ライフハッカー[日本版]
32Picks

結婚相手に求める最低年収はいくら?どんな企業に勤めていてほしい?
ファイナンシャルフィールド
27Picks

意見が異なる相手を説得するための戦略3つ
ライフハッカー[日本版]
17Picks

澤氏×尾原氏「相手にとってどれだけ意味ある関係になれるか」 両名が実践する“ポジティブな共依存”とは?
ログミー
8Picks

50代、バツ2で独身。 久しぶりにいい感じになった相手に突きつけられた現実 - 大人が自分らしく生きるためにずっと知りたかったこと
Diamond Online
5Picks

元交際相手の浮気相手をグーグル検索したら、仕事・行動履歴・暮らしぶりが全部判明した
ビジネスジャーナル
4Picks

問題の多い面倒な相手には、どう対処するのが正解か? - 人に嫌われない技術
Diamond Online
3Picks

人に好かれる話し方は「やや高い声」と「相手の言葉の繰り返し」 - 人に嫌われない技術
Diamond Online
2Picks

【ハーバード・ビジネス・スクール ジーノ教授のコラボの基本法則1】 コラボ相手の話をじっくり聞き取る - スタンフォード式生き抜く力
Diamond Online
2Picks

石原さとみの結婚相手は誰で一般男性?詳細プロフィールは?
Work Out
2Picks