新着Pick
2043Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「人それぞれで合う勉強法が違う」
という理論が多くの人の救いになると思います。

ちまたの勉強法の本の多くは、成功した経歴の持ち主が自身の経験をもとに、自身のやり方を絶対と肯定して押し付けます。

そのやり方がハマれば良いですが、ハマらなかった場合は自分の能力の低さを原因と考えてしまう場合も多くあります。

人それぞれで合うやり方が違って試行錯誤しながら方法を模索していく、というのは勉強法における、とても本質的なひとつの答えです。


また、同じ「独学2021」で、具体的な単一の勉強法を提案する山口氏とは対象的な考え方でもあるように感じます。
人気 Picker
『「やった気持ちになる」勉強ではダメで、成果が上がる勉強をしなければならないのです。』

『最初に「いいな」と思った勉強法を見つけたら、まずはその方法を信じてやってみること。一定期間やってみて、一度その勉強法を疑ってみる。』

完全に仕事も一緒で、やった気になるだけで成果が出ない仕事をしていてはダメだし、仕事の進め方も人によってやりやすさは異なるので、自分に合う仕事の仕方を模索していかないといけないですね。


インプットだけしていてもアウトプットの機会がなければ当然その知識は劣化していくし、逆にアウトプットの機会が多くてもそれに合わせたインプットの仕方を確立していなければ相手の要望に対する“ズレ”が生じてきます。
インプットアウトプット双方のバランスを上手くとりながら、忘れることや間違えることを恐れずに、常にアップデートしていくことが大事だなと改めて考えさせられました。
独学特集、第3回は「東大王」「クイズ王」として知られ、若い世代に絶大な支持を得るクイズノックの伊沢拓司氏に話を聞いてきました。

「高校生クイズ」で頭角をあらわし、YouTubeチャンネルも大人気。テレビを観ているともはやクイズ番組以外でもよく見かける印象で、年末年始も見ない日は無いほどでしたが、勉強法や社会人独習についての考え方もとても理にかなっていると感じました。

昨日の記事でもインプットとアウトプットについてのコメントが多くありました。競技クイズ第一人者としてとにかくインプット・アウトプットの量が多いことはもちろん、「忘れる前提で覚える」という考え方にも勇気づけられます。

年始の目標として勉学に励むことを挙げる方も多いと思います。そこからさらに一歩踏み込んで、自分に合った勉強法の見直しや、自己分析を改めてしてみるのはいかがでしょうか。
興味深い記事。
先日、伊沢さんに短い時間ですがお目にかかる機会がありました。 インプット・アウトプット術の結果 人々を惹きつける魅力をお持ちでした。
QuizKnockの伊沢さんの記事!何かを覚えることは学びと切ることができない大切なことだと思います。
問題は暗記したことしか問わない「問い手側」にあって、暗記そのものにまったく罪はないですが、暗記中心主義とレッテルばりされてしまってるのがもったいない。
個人的にQuizKnockのすごいところは暗記した知識を使ってもっとおもしろいものを作ろうとされてるところだと思います。ただのクイズ番組ではなく知識をエンターテイメントに昇華したこと。もちろんただただクイズが好きなのかなとも思いつつ、それによって得られた知識を応用してい姿は、暗記中心主義への強烈なカウンターのように思います。
『──勉強で成果が上がらない多くの人は、自分に合った勉強法が見つかっていないだけだと。』

これはまさに、「腸活」などに代表されるヘルスケアにも当てはまります。「ヨーグルトを食べているのに便通が良くならない」「健康のために〇〇をしているのに効果が実感できない」などは良く聞く話です。そのような人は、自分の腸内環境に合った食事や生活習慣が見つかっていない可能性が高いです。

腸内環境は人それぞれ異なりますので自分に合った勉強法を見つけるのと同様に、自分のお腹の中にいる腸内細菌に合った食事をとる必要があります。

そのためには、まず自分の腸内環境の状態を知ること。これこそが真の健康になるための第一歩です。
特集「独学2021」を5日連続で公開中。第3回はクイズ王の伊沢拓司さんです。

「暗記ものは、もうグーグルで調べればいいのでは?」と質問しました。
伊沢さんの答えは?

とても納得しました。
会話を弾ませるためには、知識の蓄積が必要。暗記、暗誦は受験勉強のためだけでなく、社会生活でも大切ですね。
うちの長男は東大王&伊沢ファンでいつも見ております!
(私は鈴木光さんのファンです笑)

伊沢さんが語る勉強法、以下の点はとても「なるほど!」と思います。
>自分の像がつかめておらず、良い勉強法を選んでいるんだけどやり方が違っていたり、自分のリズムに合っていない可能性がある。

勉強をするにも、まずは自分を知ることが大切ですね。その上で自分にマッチした学び方を実践することが必要ですね。
自分の勉強法をゴリ押しする人が多い中、さすがだなと思いました。勉強法も個性です。
"万人共通で理想の勉強法はおそらくない。求められるのは、自分に合った勉強法とは何なのかという視点で考えること"
社会人の勉強はゴールセッティングが大事で、ただダラダラやっていても意味がない。
耳が痛いコメントですが、その通りかと思いました。
スポーツやビジネスにも同じことが言えると感じました。
この連載について
新しい年を迎えてもコロナが猛威を振るい、自粛生活が続く。こうなったら2021年は家でじっくり独学しよう。コロナ明けに大きく飛躍するために“闇錬”するのだ。独学のメリットは、時間や場所に制約されず取り組めること。ただ、自己流では成果が上がらないリスクがある。そこで独学の達人たちに効果的な勉強法を伝授してもらう。