新着Pick
1046Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「競争優位性(moat)の作り方」
AWSが躍進した理由は、エンジニアによるコミュニティーへの投資です。コミュニティーが成長すると、AWSの活用機会が増え、利用が促進されます。それによりAWS自体の競争力が増していくというサイクル。

これをさらに加速する取り組み。競争優位性(moat)をどのように構築するのか、という一つのモデルケースになる。
自社従業員への投資額が群を抜いてます。

それだけ積極的に取り組めば、当然従業員の能力向上が見込め、同時に会社に対する帰属意識も上がる。そして何より、そのノウハウを転職してからも活かしてほしいとの思考が、信頼関係の構築にも繋がっていると思います。

アマゾンと関わった人は、その後も何らかの繋がりで、相乗効果を発揮していきそうです。
社会貢献しつつ
ユーザーベースを、
増やす賢い戦略。
従業員への教育投資とそれを世界にも展開させてるのはさすがですね。そう簡単に出来ることでもないと思うのでそれくらい再教育への意識が高い証拠かなと思います。

AmazonもtoC向けのサービスを展開しているだけにこう言った多くの人に対してプラスになる事は事業にとっても長期的にプラスに働く可能性はありそうですね。
従業員を育成するという志が強く見える。これだけの企業が本気で従業員を育てていく姿勢を見せているのは凄い。囲い込みという意図はあるだろうけど、企業として囲い込み戦術をとるのは当然。素晴らしい施策だと思う。
自社にとっては、大きな出費でなくても、提供を受ける側としては大きな価値になる有効な投資。

こういった「急がば廻れ」的な、ある意味東洋思想の経営ができることがamazonの強みかもしれませんね。

GAFAの中でも、雇用や教育に関しては、amazonが、頭一つ抜けていると感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
破格の還元策。素晴らしい👏👏👏
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績