新着Pick

75歳以上の医療費2割自己負担の決まり方がひどい - 大串博志

BLOGOS - 最新記事
75歳以上の高齢者について、医療費の自己負担を現在の1割から2割に引き上げる際の基準について、菅総理と公明党山口代表との間の協議で、年収200万円以上とすることで決着したと。https://news.yahoo.co.jp/articles/fd4a1097df5eea87784242e4a243f530c288763d現役世代の将来負担を抑えるために、一定の所得のある高齢者にも負担を求める...
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の高齢者の医療費自己負担についてこのような批判が溢れている。わたしには何がいけないのかさっばりわからない。

自己負担が1割から2割に増えるのは「年収200万円以上」で「75歳以上」というふたつの条件を満たす国民に限られる。逆に言えば「74歳以下」の全国民は年収が200万円以下であろうが150万円以下であろうが生活保護を受けない限りは無収入であろうが否応なく最初から3割の自己負担を求められているのだ。

筆者のように「200万円以上であって生活が苦しいはずだから」という理由で自己負担引き上げを批判するのであればその理路を「75歳以上の高齢者」のみに限って展開するほうがおかしい。年収200万円以下で生活が苦しいのは「75歳以上の高齢者」だけではない。

歪な高齢者優遇の根拠としてこのような主張をして受け入れらると思うのか。高齢者優遇の為にする議論でありただのご都合主義ではないか。

低所得者を救済するなとは言っているのではない。救済を言うなら老人に限るな。