新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が書いた記事が公開されました。睡眠に関する素朴な疑問について、専門家に回答してもらいました。
この考え方は救われますね。

以下

悪夢自体はそう悪いものではない可能性が指摘されています。
心理学の研究で、悪夢を見ることで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者の症状が改善される可能性があることが分かったのです。
大変興味深いですね。本当に"良い睡眠"は、健康的に過ごすためには不可欠なのは理解しているのにも関わらず、軽視されている事実に異を唱えたいですね。一日の活動の中で、睡眠が一番軽視されていることを改めて認識したい。睡眠の優先順位を高めないと、"良い仕事"もできないですからね…。集中力が上がらず、ダラダラ仕事している実態があるのではないかと。仕事が終わらない→寝る時間を犠牲にする→余計に仕事の能率が上がらない→健康を害す…まさに"負のスパイラル"を自身の選択により生見出している実態が多く存在している。まだまだ専門的には解明されていないこともあると思うが、昔から具合が悪くなったら横になる、何も考えず休むこと…を実践してきている事実がある。カラダは無茶しないように、壊れる前にアラート出してくれていることを認識したい。睡眠時間を確保するために、睡眠を第一優先事項に置いて、逆算して一日の活動を見直してみることを習慣化したいですね。睡眠の負債は、後で大きな利子付きで返ってくるので…。
関連記事一覧
知らないことばかりの「睡眠こそ最強の解決策である」
suadd.com
1577Picks

眠らない日本社会 コロナ禍に「睡眠改革」が必要な理由
Forbes JAPAN
230Picks

「酒気帯び時の認知レベル」6時間睡眠が、じつは一番危険な理由
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
215Picks

「最強の睡眠」は食事がつくる!寝つきが悪い、寝起きがつらいを解消する最強の方法
ほんのひきだし
20Picks

スマホの光に要注意! 良質な睡眠をとる秘訣は「光のコントロール」にあり/ 精神科医、産業医・穂積桜
マイナビニュース
8Picks

「寝る間を惜しんで勉強」は逆効果?! 成績が良い人ほどしっかり寝ていた!! 学力アップのための「睡眠の3原則」がわかる『毎日しっかり眠って成績を伸ばす 合格睡...
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
6Picks

意外と知らない、日常生活を支える縁の下の力持ち”睡眠”の働き
SleepediA
5Picks

「両親の学歴が低い子供は、睡眠障害になりやすい」─格差と睡眠障害の知られざる関係 | さまざまな精神疾患の原因にも
クーリエ・ジャポン
5Picks

睡眠を改善して生活のパフォーマンスを向上させよう!
マイナビニュース
5Picks

残高、負債の17%で最高
日本経済新聞
4Picks