新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20年前に様々な音を擬音語化する研究をやってました。分かりやすく言えば、認知科学的手法で、ピン・カン・ポンの音の周波数特徴をモデル化するものでした。

味や香りの言語化はさらに難しいでしょう。この手法は被験者の感性をモデル化していて、化学成分分析データを使っていないようなので、再現性がどこまであるのか気になります。