新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
興味深い人選。その国の文化に親和性の高い、しかし、根っからのアメリカ人をその国の大使にしたり、関連の深い担当にしたりすることは、米国ではままある。どのような取り組みをされるのか期待を持って見守りたい。
派手さのない実務派。
元来USTR代表は議会の通商権限を行使するので議会との関係が他の閣僚より大事。ねじれ議会で議会対策がカギになる。議会スタッフの人脈、経験を買ってかも。
党内左派の反自由貿易との関係など苦労するのが目に見えているので、なかなかなり手をがいなかった。
中国とはパフォーマンス抜きの交渉姿勢かも。
バイデン政権の閣僚人事で東アジア系が選ばれたのは初めてじゃないだろうか。
まさに人事は戦略を示しています。多くの実力者が実績を買われて採用されていて、正直羨ましい。人材のパイプラインがしっかりしているからこそ、多様性に富んだ実力者が登用されている。日本ではいつになったら、こういう可能性出てくるのでしょうか。
ライトハイザーという分かりやすい強硬派から印象が大きく変わるかもしれませんが、実務派でUSTRにはいいのかと思います。
日米貿易摩擦の時の教訓で言えば、アメリカは政府内での権限争いが激しく、貿易分野一つをとっても、国務長官、商務長官、通商代表部(USTR)、さらには大統領補佐官などが主導権を取ろうとパフォーマンスを繰り広げる。

だから、政府全体がスタートした後に、誰が大統領の信任を得ているキーマンなのかをまず見定める必要があるだろう。
バイデン次期米大統領は米通商代表部(USTR)代表に、下院歳入委員会で民主党の貿易顧問を務めるキャサリン・タイ氏を起用する方針とのこと。45歳てお若い!
親中派を採用🧐
米国の対中通商政策が大きく変わりそうですね