新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上場株やオプションへの投資も10月以降の米国テック株のラリーで巨額のリターンを出しているし、ソフトバンクの第4四半期の決算は日本企業史上空前の利益を計上するだろう。時価総額でトヨタを逆転して日本一の座も見えてきた
ソフトバンクが投資業に舵を切った以上、短期的な評価益等ばかりみていてはダメですね。WeWorkの時もシニフィ談で話しましたが、長期的にみなければいけないことと、こういうデジタル化の流れで勝ち組企業がより勝っていくはず、という投資戦略自体が崩れなければ、まだ全体の評価をするには早いでしょう。

一時的に評価益がでるポートフォリオもまだ眠っているでしょうが、他の爆弾が爆発しないか気になりますね。

一旦現金化を急いでいますので、次のダウントレンドまでに財務体力をしっかり確保して、そこでまた仕掛けていくのは間違いないでしょう。
孫さんは、この一年でビジョンファンド担当を相当人減らしした模様。それでその後のこの絶好調ぶり。
「ソフトバンクGは過去3年間にドアダッシュに6億8000万ドル投じ、株式の25%を取得。上場初日に保有株の時価は119億ドルとなり、投資額(簿価)を差し引くと112億ドルとなった。」
ウィワークとワンウェブで数千億の損失を出しても、1兆円のホームランで逆転。
競合他社が多い中No.1ではなかった企業にベットするのはビジョンファンドでは稀なケースだと思いますが、裏を返せばcapital-oriented&winning strategyが見えていたという点ではさすがかとcongrats.
保有株式の含み益だけでなく、現物のキャッシュを8兆円も保有しているので磐石ですね。
やっぱり孫さんは“持ってる”。
WeWorkの失敗とか皆んな忘れたかのようです。
上場でドアダッシュの株価が上昇。
上場初日に保有株の時価が119億ドルとなり、投資額(簿価)を差し引くと112億ドル!
お見事です
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
13.8 兆円

業績