新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イトラコナゾールの錠剤が、記事に記載された水虫の治療にもカンジダの治療にもあまり良い選択ではないのはさておき、これは二度と起きてはならない事件です。

どの睡眠薬の成分が混入されたかは分かりませんが、通常それらの治療には最低でも200mg、すなわち4錠を要するため、通常の最大投与量の10倍程度の睡眠剤が日々投与されていた可能性があります。

ただし、特定の個人や企業をバッシングしていてもあまり益はなく、再発防止のためには、多面的に問題を捉え、どこでミスが重なったのかを丁寧に分析する必要があります。
非難批判ではなく、とにかく原因の検証と再発防止を。
こちら、かなり深刻な状況で「意識消失や記憶喪失などの被害の報告もあり、全国で3人が車の運転中に意識を失って事故が起きた」とのこと
「1錠に含まれていた睡眠導入剤の成分は5ミリグラムで、通常の最大投与量2ミリグラムの2・5倍にのぼる」