新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先行国や先行自治体を踏まえると、違和感ない辞退率ですね。

レジ袋が有料化された7月以降、コンビニが急速にサステナビリティの方向に舵をきりはじめたり、飲料メーカー各社が次々と素材転換の期限付き目標をアピールするようになりました。国ではプラスチック資源の分別回収についても議論されています。次のステージに着々と移行しつつあるように感じています。
エコバックは色々な種類の模様があり、選ぶのが楽しいのでよく使っています。エコバックがもはや、買い物だけでなく普段使いのカバンにもなりつつありますが。
レジ袋辞退と共に、ヨーグルト用スプーンや割り箸などもコンビニでなんとなくつけてもらっていた感覚もありましたが、リモートワークで家で食べることも増えたので辞退することがほぼになりました。
しかしレジ袋を、こんなに使わないと、我が家にほぼ存在しなくなります。それはそれで子供が明日までに必要だとか、学校へ持っていく時にこんなにも家の中にないものかと、焦る時があります。
環境的にどれだけ効果をもたらしているか、このあたりも確認したいですね。
環境省は「義務化に一定の効果があった」とか自画自賛してるけど、これによって広がった万引き被害や、それを防止するための人件費負担増など小売り業の人達の生活を危険にさらしていることは無視するの?万引きによるロス率だけで店は簡単につぶれるんですよ。人を殺して何の環境だよ。
私の場合、ゴミ袋を常に小さく畳んだ状態でバックに入れてます。買い物後はゴミ袋にしてます。会社では、マイバッグを常備し、ランチのテイクアウトに活用してます。

コスト削減は微々たるものですが、環境保全を考えると前向きに続けていけそうです。そのような考えの積み重ねのように思えます。
ディスポーザーを普及させたら家庭の生ゴミはほとんどなくなりますが、処理槽の設置が足枷になり、なかなか難しいでしょうね。

ゴミは削減され(当然ゴミ袋も)、水気が減るので焼却場も使用燃料が少なくて済みます。アメリカの普及率は60%以上と言われていますが、日本では3%未満です。
『環境省は「義務化に一定の効果があった」とした。』
とありますが、レジ袋減は目的ではなくて環境負荷が目的だったはず。
コロナによるテイクアウト増もあってプラゴミは減ってない印象ですが、
環境負荷の効果がどれ程あったのかは非常に興味があります。
レジ袋は必ず貰いますよ。ゴミの小分けやネコのトイレの生活必需品ですから…!
マイバッグ持たない人の気がしれない。
たかが5円でも毎日買えば年間2000円近い出費。
ビニール袋1枚1000円とかにすればもっと辞退率上がると思うんだけど、どうしてやらないんでしょうか?