新着Pick

中国、消費者物価が11年ぶり下落 11月も0・5%

産経ニュース
【大連=三塚聖平】中国国家統計局が9日発表した11月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0・5%下落した。10月は0・5%上昇だったが、中国メディアによると2009年10月以来、11年1カ月ぶりの下落を記録した。アフリカ豚熱(ASF)の影響で高騰していた豚肉価格が下落に転じた影響が大きいが、政府主導で景気回復が進んでいるにも関わらず物価が上昇しにくい状況に陥っている。
1Pick
Pick に失敗しました