新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事の最後、「1年間の在宅勤務で誰もが孤立感を感じている中で(中略)福利厚生は文化を再構築する重要な方法となる」と締めているがその通りだと思う。従業員がそれぞれ在宅で仕事することは、作業をしているだけとも言える。そこには文化などは生じにくい(すでに構築されていれば維持されるとは思う)。

だとすると、リアルで会うもしくはリアルで会うに等しい体験をすることが、勤務時間外で必要になるのかもしれない。そういった行為については前向きになれない人も少なくないんだけど、どうやってそういった人を前向きにさせるか、という取り組みや、そもそも、そういったことに前向きにならない人を採用しない、という方向もあるのかもしれない。