新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一時期もてはやされたライドシェア事業はそれだけでは儲からない。現状の収益構造ではウーバーは食品宅配の会社です。

ライドシェア事業が儲かるようになるのはコストの半分以上を占める運転手をなくすこと。それが自動運転。(ウーバーはギグワーカーの味方などではありません)

その意味ではどうしても完全自社開発である必要はないと思います。
大きな流れという意味では、サービスの領域と、自動運転キットの領域の水平分業がさらに進んだという状況。cruiseも大きくは同じ変遷。事業フェーズや投資規模が大きく違うので、自然な流れだと思います。今回Uber自身の認識も業績や資金への手当てだけでなく、競争力向上のための戦略的提携の側面も強いはず。

今後水平分業された領域同士の鍔迫り合いも加速するだろうし、ますます目が離せなくなってきました。
記事中に挿入されている「相関図」が全体像を示していてわかりやすいです。
日経さん、ありがとうございます。

Uberは、いろいろ売却していて、自動運転からの撤退というより、手元にキャッシュが欲しいのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ウーバーテクノロジーズが、自動運転技術の開発子会社ATGを米国の新興のオーロラ・イノベーションに売却。自動運転の自社開発から撤退することになります。
「ウーバーと提携するトヨタ自動車にとってはオーロラとの関係強化が技術戦略上のカギとなりそう」とも。
この図を見るだけでも自動運転分野の協業関係は非常に込み入ったものになってきました。uberは自動運転を自社で内製できないとするとライドシェアマッチングサービスになってしまいます。それでいいのかな?
一般人がプログラミングを学んでわかるのは、むしろ自動運転やロボットの時代が来ないって気づくことかも。

SF的な想像を色々考えるのは楽しいけど
提携関係が複雑過ぎる・・・。

社会の側が変わらないと導入できないので、技術開発してもなんともならない壁がある。大規模に事業するようになったスタートアップにはまだ必要ないですね。
自動運転の収益化はまだ先になると思うので、上場企業であるUberは、株主からのプレッシャーがあるはずです。赤事事業を切り離し、支配株主として自動運転技術を利用したほうが無難な判断ということでしょう。

一方、日系の自動車メーカーは出資にとどまっているあたり、結果として正解だったのかもしれません。