新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10日の判定会議を前にして、FDAの分析結果が報告されました。それによれば、年齢、性別、体重、人種に関わらずこのワクチンの有効性が示唆されており、重篤な副作用も今のところ見られなかったとのことです。

報告されている副作用は今のところ、ワクチンの副作用として予想外のものではなく、注射部位の痛みや短期間の発熱などといったものです。

このレポート結果をもとにすれば、このまま新たな安全性の懸念の報告などがなければ、ワクチンが承認される可能性は極めて高いと考えられます。
英国で8日、90歳女性へのコロナワクチン接種第一例が報告されたところでもあり、一気に加速することが予測されます。

ただ忘れてならないのは常にリスクはゼロではないということ。

記事によれば「4万4000人が参加した治験では計6人が死亡。うちワクチンを投与されたのは2人、プラセボ(偽薬)を投与された人は4人」。
10日のミーティングに先駆けて事前にイベントマテリアルが公開されています。
https://www.fda.gov/advisory-committees/advisory-committee-calendar/vaccines-and-related-biological-products-advisory-committee-december-10-2020-meeting-announcement#event-materials

Date: December 10, 2020
Time: 9:00 AM - 6:00 PM ET

誰でも聴くことができます。
https://youtu.be/owveMJBTc2I

そこに含まれる FDA Briefing Document ではこれまでの約4300人以上の治験のデータが報告されています。この資料により多くの人が直接情報を得やすくなったと思います。
https://www.fda.gov/media/144245/download

これから最終判断されるところと思いますが安全性においてゼロリスクはない世界なので、承認の流れがとても強いと思います。ここまでの動きを短時間で行えたこと、メガファーマの資金力や保持するネットワークと経験が急事に果たす役割を感じます。

治験のリクルートとデータ収集はもちろんですが、個人的には治験薬グレードでこのタイプのワクチンを大量に用意する体制を用意できることが驚きます。
規制当局のリーダーシップ(特に今回の場合はCDER)は学ぶものがあります。ワクチンに限らず治療薬の方でのコロナウイルス治療促進プログラム(CTAP)などもそれを感じます。

当日は聴講したいと思います。
今年の8月1日だったか、ファイザー社が開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、2021年6月末までに6000万人分の供給を受けることで日本政府が同社と基本合意したと報じられていましたね。聞き及ぶところでは、完成してもいないワクチンなのに代金を払う契約を結ばないと供給しないと言われた政府が、覚悟を決めて契約して確保したらしい。そこで渋った韓国などは、今、外国産のワクチン確保にかなり苦労している様子とか。
そこまでして前政権が確保したワクチンですが、我が国の厚労省は海外で先行する承認を受けてどう動くのか。リスクを喧伝する声と様々な思惑と勢力に押されて結論が先送りされることがなければ良いけれど・・・ (^^;
ワクチンが承認に向けてさらに前進!早ければ今月13日にも承認が降りる。来年5月半ばまでに全アメリカ国民の70─80%に接種するワクチンが用意できるとの。長かったコロナとの戦いも最終局面へ!
最後、秒読みの段階まで来ましたね。
アメリカでファイザーのコロナワクチンが承認されれば、いろいろな国が追随すると思います。
承認されたらあっという間に世界に広まるに違いありません。
希望的観測ですが。
コロナワクチンに関しての日本での承認手続きに関して、全く動きが聞こえないのが気になります。
→手続き進んでいますか?

せっかく接種無料などの法整備はスタンバイしたのに…

メディアのネガティヴキャンペーンに押されて怯んでいるわけではないと信じたいです。
さらに一歩進んだイメージですね。「有効性と安全性に関する臨床試験(治験)データが、緊急使用承認に向けた基準を満たす内容だったとするスタッフ報告書を公表した。」
ファイザーの動きがはやいですね。

技術的なことはわかりませんが、ワクチン作った会社には金一封どころかノーベル平和賞ですよね。

期待したいところです!
FDAのスタッフによると、米ファイザーが独ビオンテックと共同開発したワクチンは「2回の接種が必要だが、治験データからは1回目の接種後にも一定の有効性が示された」とのこと。