新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんな二次速報値の小幅上方修正なんかよりも、同日公表されている2019年度年次推計の方が重要です。
GDP速報というのはあくまで限られたデータの中で推計しただけなので仮置きみたいなもんで、データがちゃんとそろった時点で推計しなおして翌年末に出すのが年次推計です。
これを見ると、2019年度の成長率が0.0%から▲0.3%にしれっとマイナス成長に下方修正されてます。
やはり拙速な消費増税をした年度は必ずマイナス成長になりますね。
こんな非現実的な説明にびっくり。


この成長ペースが1年続いた場合の年率換算で22.9%増となった。

1年続くことなど誰が考えるのでしょうか?
2020年7~9月期の国内総生産改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比5.3%増となっています。