新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「尖閣陥落は秒読み?」とはセンセーショナルな見出し。中国が尖閣諸島奪取のための軍事作戦を敢行するかどうかはまだ明確ではない。ただ、中国が戦略兵器で米国と日本を脅しながら尖閣諸島奪取作戦を敢行すれば短期間で陥落は陥落する。このことは研究仲間と議論をするときに一致している。誰も住んでいないし何の施設も設置していない尖閣の防護のために米国が重い腰をあげるようには見えない。日本上空を飛び越えた北朝鮮の弾道ミサイルを米国の多くの人は「米本土には届かない」と語ったではないか?
ただし、問題はそんなに簡単ではない。中国が尖閣を奪取したあと尖閣を占領し続けるためには相当の軍事力と輸送作戦のための手段確保が必要になる。占領したあと兵士に水と食糧を供給する必要がある。その作戦は日本の潜水艦の魚雷攻撃を覚悟しなければならない。もちろん日中の人的往来は凍結、日中経済関係は凍結となり、中国は国連で孤立する。単なる無人の島のためにそれだけのコストを覚悟する根拠は見当たらない。中国が軍事作戦を敢行するのはいまよりもさらに軍事力がアップしたときになる。つまり「秒読み」というわけではない。