2020/12/12

【直伝】ストレス軽減の秘策。「自信」のコントロール法

NewsPicks, Inc. 公式アカウント
「記憶は簡単には消せないが、疲労は消せる」と述べる、自衛隊初の心理教官であり、心理カウンセラーの下園壮太氏。
インタビュー第2回では、「ビジネスマンは現代戦場で働く戦士」と語る下園氏に、具体的な疲労の回復法や、ストレスに強くなる思考法について聞いた。
下園壮太(しもぞの・そうた)/心理カウンセラー
MR(メンタルレスキュー)協会理事長、同シニアインストラクター。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。陸上自衛隊初の心理教官として、衛生隊員やレンジャー隊員などに、メンタルケア、惨事ストレスコントロールの指導、教育を行う。2015年に退官し、現在は講演や研修、著作活動を通して独自のカウンセリング技術の普及に努める。近著に「寛容力のコツ」(三笠書房)、「自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技術」(朝日新書)。
疲労回復を促す方法
──前回、コロナ禍では見えない疲労がたまりがちだと伺いました。たまった疲労を取り除くために、うまい休み方はあるのでしょうか?