新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
医療機器の分野はこの10年M&Aによる大手への集約化が顕著です。オリンパスは長らく数千億円で変える圧倒的業界トップ(軟性内視鏡)という大変珍しいポジションイングでしたので、アクティビストには狙われるし、大手の医療機器企業から常に買収候補としてリストアップされる存在でした。

今年長年の経営課題であった赤字でサブスケールのカメラ事業を売却を決断しました。そしてようやくM&Aによる買収戦略にも名乗りをあげました。

気がつけば3兆円の時価総額まで上がってきました。大きなリスクテイクをすれば大きな勝負も仕掛けられる存在です。医療機器で頑張りたかった、キヤノン、ニコン、東芝は業績が苦しく株価が低迷傾向です。

富士フイルム、キヤノン、テルモ、シスメックス、オリンパスが2.5-3兆円で横並びです。どこが最初に大きな勝負を仕掛けるか要注目です。
先日オリンパスの経営ビジョンと攻めのガバナンスについて、社長さんのご講演を聞きました。社員に腹落ちするビジョンと医療分野に精通したアクティビストを社外取に迎え、設計も含み強い戦略性を感じました。グローバルの競争に集中。
過剰な在庫水準を平準化出来ればまだまだキャッシュを絞り出せる。あとは買収の打率を上げること。ホームランよりヒットをコツコツ繋げてもらいたい。

ちなみに経営陣は全員英語が出来る。英語が出来なかったCFOが春に交代した。取締役会もC-Suiteのミーティングも今や英語でやっている。IR活動も当然英語で出来る。
ポートフォリオの入れ替えを進めてくのは妥当な戦略だと思う。一方、グループでシナジー出してく上で、言語の問題がどれ位解決されてるのか、知りたいとこである。
オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。 ウィキペディア
時価総額
3.17 兆円

業績