新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPでもやたら長文のコメが多い人にこうした手合いが結構いるのでは。長期的にこうした人は社会であまり評価されないので、そうしたコンプレックス含めてぶつけてるような印象を受ける
企業で採用をしてはいけない人の代表格ですね。

①仕事ができて、人格がよい
②仕事ができて、人格がよくない
③仕事ができなくて、人格がよい
④仕事ができなくて、人格がよくない

上記の中で一番問題となるのが「②仕事ができて、人格がよくない方」です。
仕事ができる分、悪影響を組織に振りまいてしまうからです。
>正義という名の大義のもとで、知の暴力をふるうのが楽しかった

そんなものは頭の良さでも知識でも科学的正しさでもなんでもない。言い返されない言い方に長けているというだけだ。(某M台氏と同じ)

本当に頭がいいのなら、相手がどう思うかも理解できるはずだが、その人にはそれを理解できる頭脳がないタダのバカだったというだけのこと。

そして、正しさとは実証論(positivism)であり真偽を問うものだが、正義は規範論(normative)であり、価値観の問題。自分の正義(正当性)の為に実証論ぽいものをふるって、自尊心を得たりpositive wealthを得ようとするのは、現代のサガではあるが、そこにはなんらの社会的正義は存在しない。
頭が良さげな人。

知識の力で他人を殴るのは、そんな人の行動。自分は人より頭がいいと思っている、または思いたがっている人です。

自信のなさの表れですよ。本当に頭が良い人は、そんなことでマウンティングしようとしませんからね。
知識をひけらかす人には、「○○さんって、Wikipediaみたいですね」って言いましょう。

日本酒バーで、自称日本酒通のおじさんに絡まれた時に有効でした。
人は力を持つと、それを己の我を通す事に使用したいという欲に上がらう事がとても難しくなる。

正しさはとても強く、また暴力的だ。誰しも人は我があり、それを貫き通したいという欲がある。力をもってしまった人が、その欲にあがらうのはとても難しい。
コンサルにいっぱいいる(いた)

今はこういう人周りにいないかも
いても淘汰される
ありがたいことです
「知識は皆の幸福を上げる為に使われるべきものであり、個人の我を押し通す為に使われるべきものではない。」

目標を持って知識を追求した努力の結果ってどうしても自分に返ってきて欲しくなるから、公の為に、って思えるようになるにはどっかでマインドが変わらないといけないんですよね。子供が生まれて次世代に目線がいくとか、属する組織に愛着が湧くとか、自分よりも遥かに悲惨な目にあっている人たちの実情を体感するとか。

これからはそういう利他的なマインドセットを教育で勝ち得てきた世代が増えてくるので、表題のような人は自然と淘汰されると思いますね。そう願ってます。
問題提起より、問題解決。
ある人が問題解決に邁進してるなら、頭の良さとは無関係に 尊敬したいし、立場が許せば 助けにさえなりたい。

問題提起は
溢れる情報のひとつ。価値あるなし、優先するしないは、言う側ではなく、問題解決する側が決める。
攻撃する人を肯定はしませんが、周りの人の捉え方の部分もあるかと思いました。
魔族がいて憎しみ満載だが名声を得られる世界と魔族が居なくて平和な世界、筆者は後者を選ぶとのことですが人によるはず。

とはいえ、正論モンスターにはならないように心がけたいですね。