新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
規約で転売を禁止しているのは、マネロン規制の延長線上必要な側面もあり、利用者も電子ギフトを使うなら場合には注意が必要です。

言ってみれば、赤信号で横断歩道を渡ってはいけません!くらい周知される必要がありますから、事業者は啓蒙活動にも力を入れないといけないですね。

ギフト券発行元の多くは、規約で転売禁止と明記している。一方、転売仲介サイトは「個人間の取引は自己責任」と強調。
個人的には利用規約違反で転売している人、それを買う人に問題があり、今のままな対応で良いのではないかと思います。チケットショップというビジネスモデルはデジタルで管理されていく中で無くなっていくのかもしれません。ライブチケットなどは独自に二次流通を作っているので、二次流通が作られていない電子チケットは転売できる場所がなくなるということ良いのではないでしょうか。
転売はいつの時代も各関係者に頭の痛い問題。
某夢の国の入園チケットは、そのためにバーコード化したと言われます。ひと目見ただけでは利用済みかわからないので、購入者がつきにくい(いや、それでもという話はありますが)。
消費者庁の会議でもこうした案件が論じられていますが、規制で対応するよりもう「消費者のリテラシー問題だよね」という意見が主流。みなさん気をつけましょう。
規約違反となっているので、この対応は良いのでは。
現状は責任のたらい回しになっているが、これに関しては購入者負担になるだろう。
買う方は悪くないと思うな。正規の購入以外が確実に規約違反だといちいち確認するのも大変ですし。売ってる方が責任とって欲しい
これは気の毒ですね...販売元も転売元も対応していただけると消費者としては安心できる気がします
買う人がいなくなれば転売するモチベーションもなくなりますね。