新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカでは普通のビジネスジェット。街中に、プライベートジェット用の空港があり、さっと寄って、さっと飛び立つことができる。めっちゃ気軽。
目の前の道路が滑走路になっている別荘街もある。  

物欲はあまりないと言っていたスティーブ・ジョブズも、『プライベートジェットは欲しい』と言っていたほど、アメリカ国内を効率的に移動するには便利な「足」。

日本で実用するには、足りないものは空港。
コロナ前であれば、羽田空港、成田空港などは、離陸着陸枠はパンパンで、管制塔は大忙し。
国内線になると、飛行機内の滞在時間のほとんどは、地上での離陸を待っているか、上空で旋回しながら着陸オッケーが出るのを待っているか、待ち時間が長い。

これで、小型のビジネスジェットが多く飛ぶようになったらキャパシティが全く足りないので、豊洲とか葛西とかに、ビジネスジェット用の空港を新設とかしないと、だいぶ実用には厳しいかなーという印象があります。

あと、通常旅客機に比べて、一人当たりのCO2排出量は10何倍、みたいなエコじゃない世界なので、飛び恥どころか、グレタさんが怒って飛んでくるかも…。
特に真新しい話ではありませんが、日本では未だに「ビジネスジェット=贅沢品」というメンタリティーなのが問題だと思います。

JALのビジネスジェットの会社は昨年9月に始動したもので、さらにJAL自体がビジネスジェット事業を始めたのは3年前の2017年です。

これまではセキュリティや、直行便がなかったり移動したい時間帯に定期便がない場合にビジネスジェットを利用するケースが多かったですが、事業継続性を考えるともっと日本でも法整備が進むべきでしょう。

東京五輪をターゲットに国交省が色々と改善してきたので、ここで止まらずにビジネスジェットを飛ばしやすくすべきです。せっかく日本には100近い空港があるので、自治体もいつまでもJALやANAに羽田便を飛ばせというのではなく、数年前から需要が増加しているマーケットに注目すべきです。
ホンダジェットのおかげでコロナ減便でもなんとか移動に制限が加わることがなくて良かったです。人にも会わないし。
自家用機とオウンユース・チャーター(必要とするものが航空会社等の事業用機を貸切る)の2形態からなると思う.米国には2000機以上,中国でも500機は存在するのに,日本は100機にも満たない.
迅速,柔軟,秘匿性を重んじる富裕層だったり,名前の通りのビジネスマン向けが一般でしたが,利用が広がるか.
東京オリンピック時に,首都圏空港での海外からの受け入れをどうするかと去年は盛んに議論していましたが,1年後に状況がガラッと変わってしまった.
東京を介さずに地方と地方を直接結ぶことができる利点があるので,コロナによる便数減に苦しむ地方空港は対応を考えても良いと思う.
法人需要だけでなく、コロナ下のマーケットラリーで過去最高の資産額となっている欧米の超富裕層達のプライベートジェットも増えていて、夏季休暇での利用も大都市とリゾート間を中心に前年から倍以上に増えている経路もかなりあるよう
日本では割高になってしまうと言われていた維持費は、最近では下がっているのでしょうか?

アメリカでは、西海岸⇄東海岸の移動時間+1時間程度まで飛べるビジネスジェットで周辺国含めかなりのフライトをカバー出来て、かつ、利用しない時は貸し出し出来ることで、保持維持費を下げることができると聞きました。

また、海の上を飛ぶ確率が高い日本だと気軽さが半減すると聞いたことがありますが、地方空港は閑散としているところも多いので、やりようはあるのだと思います。
このコロナで小中規模のジェットがビックリするぐらい安くなってるんですよね。

150人乗りを検討しましたが、大き過ぎて意外と離発着出来る空港が少ないということで見送りました。
航空業界に新たな需要が。
一部中国やシンガポールなどとの間でビジネス関係者の往来が段階的に緩和されたこともあり、出張を再開しているところもあると思います。
ビジネスジェットの利用。今後増えるのかも知れません。
衛生面のみならず、効率化も図れる案だとは思います。
個人的には、出張時の航空機利用で、同じ便に会社の上司(または同僚)が搭乗するのは避けたい派なので、あまり歓迎は出来ませんが、、
ホンダジェットは本体4億円で維持費5000万円。
本体は減価償却出来るとして、これまで払ってたビジネスクラスの費用、オフィスを無くしたことで浮いた経費で賄えるかですね。そもそも、現地に行ってまでやらないといけない仕事かどうかの精査が重要だと思いますが。