新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前から観測報道の出てたスイス2大銀行の統合について、CS側から踏み込んだ発言。スイス国内およびグローバルな文脈でも金融システムの安定性に直截的影響を与えうる経営規模となるため、同行が注目される。
浮かんでは消えるUBSやCSの合併話。
2019年にDeutscheとUBSの合併話があり、CSとUBSの合併話は、今年9月。その際に下記でまとめたので興味がある方は併せてご参照いただきたい。https://newspicks.com/news/5239082
クレディスイスとUBSとの合併。実現する可能性もあるのかも知れません。
「2021年に任期満了で退任するローナー会長は、同行とUBSは米国の競合行より規模が小さく市場での評価額も低いとした上で、単一の組織となれば影響力はより大きくなると、スイス紙シュバイツ・アム・ウォッヘンエンデとのインタビューで語った。」
当行と合併して欲しい。同僚が外国人ってステキだから。
ない。
UBSとCSが合併するとスイス国内での貸出残高に占めるシェアが70%ぐらいになる。これを独占禁止法の観点から半分ぐらい売却するとなると、2社以外のスイス国内の全ての銀行の自己資本を足しても足りない。じゃあ外資銀行がそれだけのコストを掛けて新たにスイス国内に参入するかというとそんなことはない。結局、お互いにでか過ぎて合併は無理。
時価総額
2.83 兆円

業績