新着Pick

TikTokがついに「投げ銭」機能を2021年から開始。ライブ配信者の“収益化”元年に?

Business Insider Japan
ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」は2021年1月後半から、TikTok内のアプリ内でギフティング機能(通称「投げ銭」)の提供を開始する予定だと明かした。12月6日にTikTok上でライブ配信されたクリエイターズイベント「TikTok CREATOR'S LAB. 2020 -...
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTubeが最たる例ですが、個人がマネタイズできるようになるとプラットフォームとして間違いなく活性化してきます。

今までマネタイズ機能がないなかでこれだけ人気なのも凄いですが、今後は投げ銭機能がつくことで以下の変化があるかなと考えています。

・コンテンツに投資できるようになる
・より年齢層高めの方ももっと投稿するようになる
・コンテンツのジャンルやバリエーションが増えてくる

今後TikTokはますます楽しみです。
投げ銭機能が導入されることによって、ライブ配信者とユーザーの間の関係がより強化され、よりloyalなファンベース、ファンコミュニティが構築されていくと思います。ライブ配信者は、ユーザーを喜ばせて、ファンベースを作るためにより質の高いコンテンツを作ったり、高頻度でコンテンツを上げていくので、それに対応する形でユーザーのエンゲージメントが高まっていきます。よりstickyなプラットフォームにしていくための良い施策だと思います。
収益軸でなかったにも関わらずここまで配信者をグリップ出来ていた地力が凄まじい。
かつ、気になるのはオンライン上で稼ぐことのできる年齢層が極めて下がると言う点。
10代が大金を稼ぐ構造が出来上がり、MCNもそれを見逃さないので、タレント業界に大きな構造変化が生まれそう。
逆に今まで投げ銭機能がなかったのにここまで大コンテンツになったのが凄い。投げ銭機能導入によってより芸能人達がTikTokに参入してきそう。色々な問題が言われているTikTokだけれども、TikTokだけで生活できるインフルエンサーも現れそうですね。
ついに日本にも投げ銭機能でリフトアップ。
日本もある程度コンテンツが多様化したのかな。例え他のSNSが機能を真似しても、TikTokのアルゴリズムは強い。この勢いはすごくなると思う。
YouTube投げ銭では、金額世界トップ20のうち日本が15人を占め、うち14人がVTuberという報道も。日本が賑やかなことになりそうです。
YoutubeとYoutuberには刺激的な動きですね。

軽さから言えば、TikTokが圧倒的に有利なので、「投げ銭」という感覚で言えば、YoutubeよりTikTokでしょうね。

こうやって、時代は変わっていくのだと思います。

そんな中で未だにTVが生き残っているのは、本当に不思議です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
TikTokの投げ銭は収益化のもとで新たなスターを生み出しそう。すでに人気になっているTikTokerはかなり有利になりそう。
ギフティングはできなかったんですね。てっきりとっくに実装しているのでみなさん殺到しているのかと思ってました。年齢要件とかのポリシーがどうなっていくのか気になります。
ついにTikTokで投げ銭開始。
これでLIVE配信はまた大幅に増えていきそうですね。
乱立しているLIVE配信アプリの勢力図がどうなっていくのか。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン