新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本医師会の中川会長が、政権と医療現場が違う絵を見ていると厳しい言葉で指摘していますが、実態はこの数字よりも深刻という訴えが相次いでいます。大阪の重症者の病床使用率は66%とされていますが、この率の分母には人手不足で稼働できないものも含まれており、実際の使用率は82・9%で、事実上満杯状態だと伝えられています。にもかかわらず、日曜日の京都の観光地は超満員です。GOTOを進めながら、というのはやはり人々に誤ったメッセージを伝えてしまいます。今はハンマーの時期。ハンマーは強く、そして、収まればダンスすればいいのです。
コロナ重症者の場合、エクモを使う人も多く、患者1名に対して看護師1名必要になるそうです。
また、シーツなどの洗濯物の処理なども感染防止のため、業者には頼めない為、看護師に負荷がかかっている為でもあるそうです。

こうなると、ICUというハードの問題ではなく、人手というソフトの問題なんですね。
ICU勤務は専門性が高く、看護師なら誰でも良い訳ではないとのこと。
こういう理由はきちんと説明されないと分かりません。ニュースも、センセーショナルなタイトルより、こういう中身を充実させて欲しいです。

シーツなどの洗濯物の取扱いですが、そこまで感染リスクが高いのか?検証出来ないものでしょうか?
あと、都道府県を跨いだ融通も考えないといけないですよね。こんなところで、変な縄張り意識を高めてもしょうがないです。
連日大阪の厳しい状況が伝えられていますが、大阪や東京など都市以外にも7都府県で専用の病床が使用率20%以上になっているとのこと。
病床の不足と並行して医師、看護師不足もとても心配ですね。
【大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診】
https://newspicks.com/news/5441839/
【大阪へ看護師派遣次々 「やりくり難しい」の声も】
https://newspicks.com/news/5442638