新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飲食業は固定費重たい分、毎月黒字というよりも月別で黒字・赤字を繰り返します。その中で年明け2月末までは基本閑散期で通常でも赤字。3月には銀行借入してちょうど1年となり、キャッシュの枯渇もそうですが先行きの見えなさに心折れるケースも多いです。
厳しい。涙
日本の美味しくて安い飲食店。数が多いし普段から競争激しいので、需要ダウンすると一気に倒れてしまいますね。

ホットペッパーグルメやっていたときに、初めて知ったのですが、
『忘・新年会特集』とか、やるものの、
需要の比率で言うと、忘年会(12月)9割、新年会(1月)1割という需要差なんですよ。

今は忘年会シーズンに、コロナ感染拡大で自粛を迫られているのでキツいですね。

もし、うまく沈静化できたら、何かしらキャンペーンやって新年会需要を盛り上げられるといいですね。
そうじゃないと、次は、3月4月の歓迎会や送別会、卒業イベントシーズンまで、閑散期が続きますので、さらに倒産する飲食店が増加してしまうと思います。涙
コロナの始まりからほぼ1年。
まだまだ終わりの始まりな感じがしてゾッとします。
厳しいですね。。。
年間の利益の大部分を12月の一ヶ月で稼いできたお店もあると聞きます。(それはそれで問題ありだと思いますが)
第3波で足元では確実に売上が落ちており、忘年会予約もほとんどない。この時期の売上減がダメ押しになるお店はかなり多いと思います。
ランチやテイクアウト、デリバリーである程度売上は取り戻せても、それらは粗利が薄いので抜本的な解決策にはなりません。
過当競争の業界なのである程度の淘汰は必要との考え方もありますが、これは本当に良いお店も耐えられない深刻な状況になっていると思います。
日本の人口あたり飲食店の数は世界一ですからね…。特に東京を中心とした大都市部における数は海外他都市を大きく引き離してます。

そもそも他国と比較しても飲食店は簡単に開業できますから、簡単に潰れる店も多いと言えるでしょう。

とは言え、11月まで統計見る限り、今年だけが特異的に倒産が多い感じではないんですね。まあこれからですかね…。

Number of restaurants per 100,000 population
http://www.worldcitiescultureforum.com/data/number-of-restaurants-per-100.000-population

新型コロナウイルスによって変わる外食〜日本の外食産業の構造と脆弱性〜
https://cuisine-kingdom.com/shuei001/
シンガポールでコロナによるロックダウンを経験してから外食の頻度はガタッと落ちている。ただ、ポジティブな理由で家族全員で食事をする良さを再認識したから。自分の子供の頃を振り返っても家族で外食することなんて月に1-2度あるかどうかだったし、これまでが多すぎたのでは
予想されていたことですが、年末の忘年会がキャンセルされたり開催されなくなったことで、環境は一層厳しいものになるでしょう。

ただでさえ、12月は倒産が多くなる月です。

12月に一気に倒産件数が多くなり、失業者が増えるものと危惧しています。
街を歩いていて 閉店の張り紙のあるところが目立つようになってきた。 
かなり厳しい状況の中 年末、年度末を乗り切る体力と気力が落ちていく経営者にとって 試練の時。 それが数字に表れている。
「2020年1~11月の飲食店の倒産件数は736件となり、通年でも過去最多」・・・ 人為的に営業を停止させたり客の流れを止めたりした以上、当然予想されることなので、特に驚きはないですが、静かに店を閉じたところの数はそんなものじゃなく、それこそ飛びぬけて過去最多じゃないのかな。私が住む郊外の街ひとつでも、結構な数ありますもんね。
ここまで持ち堪えたお店でも、早く自粛が収まらないと、この先、資金繰りがますます苦しくなりそうに感じます (*_*)
居酒屋は、コンビニ家飲みやファミレス・ファストフード酒提供充実などでコロナ前から厳しい状況でしたから、コロナがとどめの位置づけになったということでしょう。
株式会社帝国データバンク(ていこくデータバンク、英語: Teikoku Databank, Ltd.、略称: TDB)は、企業を専門対象とする日本国内最大手の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績