新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20年度の新規国債発行計画は当初予算時32兆5千億円、1次補正後58兆2千億円、2次補正後90兆1千億円と鰻登りに増加しました。新型コロナウイルスの圧力に押されて歯止めが外れ、ついに100兆円の大台に乗るわけですね。借換債等を含めた年間の国債発行額は既に250兆円を超えていて、遠からず300兆円に迫るかも。
国債の半分近く、就中、売り手の主体である銀行が持つ国債の多くを既に買い占めて、このまま行けば買う国債が無くなるかも、なんて心配された日本銀行も、国債が枯渇する心配はしなくて済みそうです。でも、本当に大丈夫?
日本が低成長かつデフレ傾向で、国債を発行したい政府と、その国債を買って緩和を進めたい日本銀行の思惑が一致し、日本の経常収支が黒字を保つ間は問題が表面化する可能性は低いでしょうが、もはや緩和からの出口を探ることは不可能と思える水準です。今は予測できないなんらかの原因、例えば日本が予想外の好景気になるなりインフレ期待に火がつくなり経常収支が赤字に陥って対外債務国になるなりしてインフレ圧力が高まったその時、我が国は一体どこに向かうのか。財政破綻、あるいはハイパーインフレとは言わないまでも、増税による不景気と相当程度のインフレが併存して国民が急激に貧しくなる可能性はありそうで、国債による借金が将来世代の負担になると言われるゆえんです。
そんな未来を見ないためには、潜在成長率と呼ばれる本質的な成長力を高めるほかありません。大きなリスクを伴ってカネを使う以上、目先の景気対策と所得補填ばかりに目を奪われず、新型コロナウイルス後を睨んで我が国の成長力を如何に高めるかを示して欲しい (・・;
やっぱり国の借金増えてますよね…雪だるましきに⛄️😱