[北京 4日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委、NDRC)は4日、長江デルタ地域、グレーターベイエリア、北京市・天津市・河北省エリアで、今後5年間に全長1万キロメートルに及ぶ都市間鉄道の敷設を開始すると発表した。

グレーターベイエリアには広東省の9都市のほか、香港、マカオが含まれる。

中国国家鉄路集団が8月に示した計画によると、中国は今後15年間に鉄道網を約30%拡大し、2035年末までに全長約20万キロメートルの敷設を目指している。これには高速鉄道の約7万キロも含まれる。