新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
史上初は凄いことですよね!新しい時代の流れを感じます。
今後はYouTubeやTikTok、SNSを活用することが収益目的だけでなく、マーケティングチャネルとしても重要になってくると思います。

今までのマス・リアル→デジタルの流れが、デジタルからマス・リアルへのビジネス構造の変化を感じます。

音楽で言えば、テレビプロモーションをうって、リアルな店舗で原盤を販売したり、ライブビジネスで儲けて、YouTubeに少しMVをのっける、というビジネスから、YouTubeでマーケティングしてファンベースを積み上げて、その後にマスに進出したり、リアルビジネスがうまくいくような変化があると思っています。
めちゃくちゃよくわかります。私の今日のBGMでも「夜に駆ける」や「香水」が流れています。なぜか?

13歳娘がTikTok大好きで、曲が好きになる→家でも彼女が良く流すようになる(Bluetoothで家のスピーカーに連携)→メロディを聞いて私も「いい曲だな」と思うと、私が使っているAWAに曲を聴かせると、「この曲ですよー」と判定して教えてくれるので、それでお気に入りに追加しています。
(娘に曲名を聞くと「また、ママが曲泥棒しようとしてるw」とか言われるので、勝手に曲を特定させていただいております、、)

ただ私がAWAで聞くとサブスクなので(娘はAppleMusic?だったっけな?どっちにせよ、ストリーミングのサブスク)昔と違って、音楽の単価は落ちたなぁという気がします。

昔はそれこそシングルとして切り出されれば、CDとして1枚1000円ぐらいで売られてましたよね?こないだ、小室哲哉さんの話をあるセミナーで聞いていたのですが「今は音楽は水より安い。100円にもならない」と、おっしゃっていました。
すごい!!ドライブの時、いつも聴いています。
「夜に駆ける」は映像やストーリーで楽しむ側面も。
ひと昔前よりもロック調の曲が増えた。
知名度がなくてもネットでバズれるようになったからだと思うけど。バンドサウンドがどこでも聞けて嬉しい。

10~5年前を見てみたら、10位内は嵐とAKBとEXILEばかり。18年にぽつんと米津玄師のレモンがトップ獲ってるけど、その下は乃木坂欅坂。19年に連覇した時には、その下があいみょん髭男KingGnuに変わってる。
米津玄師とレモンがチャートを変えたんかな。

どれだけ売れても自分で詞を書くのがアイドルとの違い。バンドマンの皆さんは、このチャンスに刺激的なメッセージを若者にぶっ刺して欲しい。髭男とか、知名度上がって急に社会派になったらおもろいけどなあ。笑
「夜に駆ける」がCD未発売でチャート一位、とのこと。
自らの行動を考え直しても、最近CD買っていないし、
周りでも買ってる人はかなり減ってきていると思うので、
その他のメディアで聴かれて流行る、は現実感があります。

この「夜に駆ける」はその成り立ちもとても現代的で、
monogatary.comというオンライン小説サイトで書かれた
ショートショートを元に作詞作曲された曲だそうです。

曲を聴くだけでは何のことか分かりづらい詩の背景は、
物語の方を読むとよく理解ができます。

「死」に取り憑かれた彼女と、道連れになる彼氏。
だいぶダークな話ではあるのですが、
結構今っぽい感性の塊。

ぜひ原作も読んで理解を深めてみてください。

原作
『タナトスへの誘惑』
https://monogatary.com/episode/33827
最近の日本のチャート、一時期に比べると良いバンドが確実に世間に出てますよね。仕事中ずっと流し続けてます。緑黄色社会が個人的に今年一番のヒットです^^
斜陽産業と言われていた音楽業界において、この快進撃。
作品の素晴らしさもさることながら、それまでの収益の柱だったCD売上無しでの成果は、ビジネスモデルの革命です。CD売上がなくとも、youtubeやSpotify、カラオケなどなどの売上は相当積み上がっているかと。斜陽産業という難易度ハードな環境でこうした成果を上げられること、本当に尊敬します。
年間Billboard JAPAN総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”。初めてシングル盤をリリースしていない楽曲が総合1位となったそうです。
時代の変化を感じますね
年間チャート発表開始以来、初めてシングル盤をリリースしていない楽曲が1位獲得。

コロナ禍によってストリーミング市場が拡大、定着し、来年度以降もヒット・パターンは更に加速していくと思われる。
紅蓮華、こんなに伸びたのか…すごいな…去年の曲なのに。発売年に関係無く売れるというのは昔からあったけども。作曲者と昔バンドをやってたのが懐かしい。
米津玄師はアルバム出したけどこれまでほどチャートを賑わしてないのね。人の心は移ろいやすい。

ボカロの流れから出てきた曲は聴きやすいが、ちょっと捻りが足りない曲が多いのはちょっと気になってる。アレンジがあっさりし過ぎているのよね。もう少し技巧的なコードワークとか節回しとかアレンジとか聴きたいところなんだけども。