新着Pick
1788Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点での日本のプランでは、完全に最強スペックです。

・1回あたり5分の国内通話が無料、回数制限無し
・ネットワークは4G・5G両対応
・20GBを超えた場合は最大1Mbps
・新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料は全て無料
・海外82の国と地域で、20GBのデータ容量利用可能
・家族での契約、光回線セット割引、キャンペーンなど一切不要
・ネットのみで受け付け
アハモって読みづらい…

しかしネット受付のみのプランですから、読みやすさは不要で、インパクト重視、際立った差別化かな

20GB超えてからも最大1Mbpsとは大盤振る舞いでウェブ、SNSくらいなら必要充分ですね!
インパクトある価格ですし、海外でも使えるのは本当に良いですね。auやソフバン、楽天、UQ、ワイモバイル、各MVNOもこの価格に対抗してくるでしょうが、特に楽天とMVNOは辛いですね。

ITリテラシーが低い人が乗り換えできないように、ネットのみの受付というのもせめてもの抵抗なのかもしれませんね。「店頭申込の場合、2980円の事務手数料が掛かる」みたいな方法も採れるなか、やっていない訳で。

にしても、アハモという名称やAmazonのロゴを想起するhの下の弧線は、なんでなんでしょうね。。名称の由来を見ても、全く意味が分かりません(笑)。
これを受けての他キャリアの経営会議を見てみたいですね。経営的にどういう戦略を採るのか。特に楽天の経営会議は見てみたい。
「ahamoはメインブランドの料金プランであってサブブランドではない」という理屈を考えたドコモ担当者は頭が良い。

事前報道も数日前まではサブブランド軸の話で、端末上でもキャリア名がahamoと表示されるなど、どう見てもサブブランドとして準備していたことは明らかだが、これは「料金プラン」であると言い張ることで、メインブランド値下げを主張していた武田大臣もツッコミを入れられない形式になっている。
過去、延々と続けられてきた、総務省「安くしろ/ゼロ円やめろ」→「対象が少ない見せプラン(サブブランド含む)作成、または一瞬対応するがすぐ戻る」という壮大な茶番劇とは異なる次元でのプランが出てきた歴史的な発表に見えます
総務省からキャリア各社への値下げプレッシャーは、条件付きで反対の立場です。
国内での高利益水準を原資に、
海外展開
デファクトを取れるR&D投資
をしてくれるならば、現状維持でも良いかと。
値下げの国内消耗戦を通じて、ジリ貧となった家電業界のようにはなってほしくないですね。
NTTの意思の強さを感じます。攻めたプランで驚きました。注意点は下記4点のようですが問題にならなそうです。インパクトがあるプランです。KDDI, Softbank, 楽天がどうするか、今後の展開が楽しみですね。

・新規契約や契約内容変更などは原則専用ウェブページのみでの受付で、ドコモショップやインフォメーションセンターでは取り扱われない。

・ファミリー割引の対象外。家族間無料通話もできず、「みんなドコモ割」の回線カウントにも含まれない。

・既存プランからahamoへの移行の際は、ドコモでの契約年数はリセットされる(電話番号は保持、移行時に手数料はかからない)。

・キャリアメール(@docomo.ne.jp)は使えない
これは他のキャリア真っ青だな。。。。
楽天モバイルは「楽天回線エリア高速通信使い放題・パートナー回線エリア5GB/月」で2,980円。安さを強調する楽天の価格にまともにぶつけて来ましたね・・・ 楽天潰しの意図を明確に感じるのは私だけ? さて、価格の優位を崩された楽天さんはどう出るか (@_@。ウーン
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績